2019.08.02   

ハイヒールで体幹強化!キレイな人は履いている|1日20分、週3回で、若返る!

 販売員などが、職場でのハイヒール着用義務の廃止を訴える「#KuToo」運動が話題になっている。確かに、一日中、ハイヒールを履いているのは、足に過度の負担がかかり、苦痛を感じる。だが、視点を変えれば利点もあるという。

 マクロン仏大統領夫人(65才)も、八千草薫(88才)も、草笛光子(85才)も、五月みどり(79才)も、木の実ナナ(73才)も、若々しくてきれいな人は、ヒールを履いている。ハイヒールを履く、ファッションや美脚以外の効用とは──

左からマクロン仏大統領、八千草薫、草笛光子、五月みどり、木の実ナナ

マクロン仏大統領の写真=時事通信フォト

ハイヒール、あきらめるのはもったいない

 年齢が上がると「ハイヒール卒業」と考える人が多くなるが、

「まだ履けるのに諦(あきら)めるのはもったいない。ヒール歩きは、ふくらはぎを鍛え、体幹を整えるエクササイズになるんです」

 と、抗加齢医の第一人者である同志社大学生命医科学部アンチエイジングリサーチセンター教授・米井嘉一さんは言う。

「筋肉は使わないと衰えやすくなり、65才を過ぎると3~4か月ごとに筋肉量が1%低下するというデータがあります。女性の場合、特にふくらはぎを鍛えることが健康長寿につながることがわかっています」(米井さん・以下同)

 ハイヒールを履いてしっかり立つには、体幹を支える【1】腸腰筋群、【2】内転筋群、背筋を整える【3】菱形筋群(りようけいきん)や【4】広背筋、腰から足にかけての【5】大臀筋(だいでんきん)・中臀筋、【6】下腿三頭筋(かたいさんとうきん)の力が必要(下図参照)だが、ハイヒールで歩けば、これらの幅広い筋肉が鍛えられる。

「日常の歩くという動作の一部を、3~5cmのヒールなど無理のない高さのパンプスにしてみてください。1回20分、週に3回程度、近所へ買い物に行く程度でもいいですよ」

 続けることで、彼女たちのような若々しさが取り戻せるかも~。

ヒール歩きで鍛えられる筋肉の図解

ヒール歩きでこの筋肉が鍛えられる

●前
(1)腸腰筋群 (2)内転筋群

●後
(3)菱形筋群(大菱形筋・小菱形筋)

(4)広背筋

(5)大臀筋・中臀筋

(6)下腿三頭筋(腓腹筋(ひふくきん)・ヒラメ筋)

合わない靴はさまざまな不調の原因になる

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。