2019.08.26 |暮らし   

まとめて脳トレ|「迷路」など判断力、記憶力を鍛える3問題

 脳の機能が衰えてくると、覚えているはずのことでも、すぐに思い出せないといったことが増えてきます。また、パソコンやスマートホンに頼りすぎていると、正確な漢字を忘れてしまうことがあります。元気な脳を維持するために、ここで紹介したパズルのような脳トレや、書き取り、暗算などを行うことをオススメします。答えを間違えてしまってもかまいません。挑戦する姿勢が、脳にいい刺激を与えていくのです。

監修:広川慶裕(ひろかわよしひろ)

1984年、京都大学医学部卒業。精神科医として、認知症予防/治療やうつ病などの精神疾患治療に専念。2014年より、ひろかわクリニック院長。精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医。毎週水曜と隔週土曜に、クリニックにて運動と思考力を鍛える「認トレ教室」を開催している。著書に『認知症予防トレーニング 認トレ 一生ボケない! 38の方法』(すばる舎)、『あなたの認知症は40歳からわかる!!! 早期発見で発症、進行を抑える』(悟空出版)など。

●認知症を予防する独自のメニュー「認トレ(R)」って?考案者が解説

●老人性難聴は認知症発症の危険も!脳の認知機能を高める「耳トレ」で対策を

●認知症予防にも!すぐできる「両脳覚醒」トレーニング

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。