2017.12.26 |ヘルス   

「腰痛」「肩こり」冬は悪化に注意! 原因・予防・対策を解説

 厚生労働省の調査によると、日本人の2人に1人が肩こりに、4人に1人が腰痛に悩んでいる。

“国民病”ともいえる腰痛と肩こりは、冬になるといっそう症状が悪化する。冬の寒さで体が冷えると、血管が収縮して血流が悪くなるが、これが腰と肩の痛みを増幅させる要因にもなるのだという。

youtsu_fotoco

冬になると一層症状が悪くなる腰痛と肩こり(写真/アフロ)

痛みの原因はホルモン『プロスタグランジン』

 薬剤師の倉田綾子さんが語る。

「肩こりや腰痛の原因は血流の悪化と痛みのもととなるホルモン『プロスタグランジン』です。『プロスタグランジン』は鎮痛剤でブロックできますが、血流は改善しないため、痛みが長引きやすい」(倉田さん)

「冷え対策」が最大の予防になるという。

体の内側から温めるのが大切

「体を温めて、血の巡りをよくすることが最も効果的です。使い捨てカイロを使う、厚着をするなど、“体の外側”から温めようとするかたが多いですが、体を動かすことで“体の内側”から温める方が大切。運動により血行がよくなって、痛みが遠ざかります。1日20分ほど早歩きするだけでも、血の巡りは格段によくなりますよ」(倉田さん)

 体内から効果的に温めるためには、食べ物と飲み物も重要だ。

「血流改善に効果がある素材は、シナモンやしょうがです。体が冷えるこの時期は、温めたミルクや紅茶にシナモンやしょうがを入れて飲むと、おいしい上に健康的です」(倉田さん)

 冬は部屋の暖房をつけてぬくぬくしたいものだが、意外にも健康に適しているのは、「少し寒い部屋」だという。

「暖かい部屋から寒いトイレに行く時など、急激な温度変化は血管を収縮させて痛みをもたらします。“体の中は温かく、部屋の中は少し寒く”が基本なのです。

 また密封された暖かい部屋だと毛穴が開き、ウイルスや菌が体内に侵入しやすくなります。

 毛穴が開いた状態で冬を越せば、花粉が入り込んで花粉症が悪化する可能性もあります。

 寒い冬場こそこまめに換気をしつつ、室温を上げすぎないように気をつけましょう」(倉田さん)

 痛み知らずの冬を過ごすためにも、実践あるのみ。

【肩こり・腰痛対策 まとめ】

●1日20分、早歩きをする
●温めたミルクや紅茶にシナモンやしょうがを入れて飲む
●部屋の中は「少し寒く」が基本

※女性セブン2018年1月1日号

【関連記事】

●肩こりの改善にも!押してもむだけの「指ヨガ」

●ひざの痛み・腰痛を和らげ代謝アップ!水中ストレッチ法

●【肩こり】治らない原因、実は肘下、腰、股関節にあるかも

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。