2019.09.02 |暮らし   

八千草薫さん がん闘病で「隣人介護」を選んだ生き方

「平成27年国勢調査」によれば、単身世帯の1841.8万世帯のうち、65才以上のおひとりさまは592.8万世帯で、32%を占めている。夫に先立たれ、子供はいない。大切な愛犬と暮らすあの大女優もそのうちの1人だ。

 八千草薫さん(88才)、彼女はどのように生き、身じまいをしようとしているのか。おひとりさまの賢い生き方を学ぶ。

八千草薫

がん闘病中の八千草さん。夫亡き後、おひとりさまの賢い生き方とは

 * * *

膵臓がんで、6時間を超える大手術を受けた

 八千草さんが、膵臓がんと診断されたのは昨年のこと。6時間を超える大手術を受けた。その後、肝臓への転移がわかり、今年2月にはヒロイン役を務める予定だったドラマ『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)を降板。病気を理由にした降板は、72年間の女優人生で初めてのことだった。

「その後は自宅で静養を続けていました。6月には脚本家の倉本聰さん(84才)の案内で北海道富良野を訪れるほど回復していました。 それが突然体調を崩されたようで…」(八千草の知人)

 8月下旬、八千草さんの家から出てきた高齢の女性・Aさんに声をかけると、こう答えた。 「今、八千草さんは入院されているんです…」 

「Aさんは、亡くなったご主人の晩年の介護を担当していたヘルパーさんです。昨年のがん手術後、人の手を借りなければ歩けなくなっていた時期に身の回りのお世話を頼んだようです。高齢でひとり暮らしを続けるのは難しく、施設に入る選択肢も考えたそうですが、八千草さんはかなりの人見知り。ご主人と過ごした自宅や愛犬と離れることもできなかった。そこで旧知のAさんに頼んだ。ただ、Aさんもかなりの高齢。それで隣人介護の選択をしたそうです」(前出・知人)

近所のひとが面倒を見る「隣人介護」のメリット

 超高齢社会で、誰にとっても介護が身近な問題となりつつある現在、近所の人が当事者の面倒を見る「隣人介護」が注目されている。

 エンディングプランナーの藤澤一馬さんが隣人介護についてこう話す。

「家族という関係性のなかで介護するとなると、どうしても“こんなことをされるのは恥ずかしい”という羞恥心が生じて、お互いにやりづらくなることもある。それが隣人という“赤の他人”ではないものの気心が知れた“他人”が入ることで、お互いが思いやりを持って冷静に介護ができるケースがあります。隣人は本格的な介護には不向きですが、たとえば八千草さんのように庭の手入れや植物の水やり、愛犬の散歩や買い物など『ついで』に頼める隣人をつくっておくことはひとり暮らしの高齢者にとってメリットは大きい」

 近年は核家族やひとり暮らし世帯が増え、昔は当たり前にあったご近所づきあいや地域の集まりが少なくなった。

 だからこそ、八千草さんのように夫に先立たれた女性は、近隣との関係を良好にすることも大切だと藤澤さんは話す。

「高齢になってから関係性を作るのは難しいので、日常的にご近所さんにあいさつをしたり、旅行に行ったらちょっとしたお土産を買ってくるなど、少しでもいいので、コミュニケーションをとっておきましょう。独居の高齢者は“元気ですか?”と声をかけてもらうだけでも生活の活気や意欲につながりますし、身内以外の他人としゃべることで、認知症予防になるともいわれています」

隣人介護の注意点

 隣人からの介護はあくまでも補助まで。体に触れたりケガの恐れがあることは、専門家に任せたい。

 というのも、一般に第三者が介護を行う際は「報酬」がトラブルの種になりやすいからだ。

「ヘルパーは介護保険で報酬額が決まっていますが、隣人に報酬を払う場合は規定額がなく、揉めるケースがあります。隣人にお金を払う場合は、定額を振り込むなどのルールを明確にしておくべきです」(藤澤さん)

おひとりさまの財産相続

 超高齢化のなか、男性より寿命が長い女性がおひとりさまになる可能性は高い。そうした場合の財産相続はどうなるのだろうか。  

 相続・終活コンサルタントの明石久美さんが話す。

「夫が死んで子供がいない場合、夫の親が遺産を相続する権利を持ちます。親も他界していたら、兄弟姉妹、兄弟姉妹も他界していたら、その子供たちが相続します。八千草さんのように相続人が誰もいない場合、遺言書がなければ財産は国のものとなります」

 介護をした隣人が財産をもらうケースもある。

「天涯孤独で法的な相続人がいない場合、『特別縁故者に対する相続財産の分与』が認められることがあります。たとえば、他人だけどずっと介護をしていた人や、内縁関係にある者が相続を主張した場合、家庭裁判所が特別縁故者だと認めれば、相続の権利が生じます」(明石さん)  

 周りに負担をかけずに、円滑な相続を実現するためにベストの方法は、遺言書を作成しておくことだ。 「相続において法的に大きな効力を持つのは遺言書です。遺言書があれば、相続人以外の人にもスムーズに遺産を渡せます。遺言書は作成時に意識が明晰なことが成立の条件なので、認知症になる前に作成しておきましょう」(明石さん)

※女性セブン2019年9月12日号

●【義父母の介護】安倍昭恵さんが選んだ「遠慮介護」というスタイル

●三浦百恵さんが取り組む「W介護」と「還暦ピラティス」生活

●【介護と兄弟姉妹】親の介護、誰がする?桃井かおり家族の物語

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。