2018.01.08 |ヘルス   

【週刊脳トレ】認知症の予防に!視覚情報をもとに脳を鍛える「線たどり」

 お正月で怠けた脳に喝を入れたい! そんな人はまず『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやってみましょう。脳に、ほど良い刺激を与えてくれます。

 * * *

 脳はとにかく使うことが大切です。血流がアップして、脳の神経細胞間の情報がスムーズに流れるようになり、脳の活性化につながるからです。

 今日の脳トレは「視覚認知」「空間認識」「注意力」を駆使する「線たどり」です。

 視覚認知は、目で見た視覚情報を処理する機能で、空間認識は物体の形や向きを把握します。注意力は文字通り、物事に対して注意する力です。

 遊びの延長のような脳トレですが、MCI(軽度認知障害)を改善したり、認知症を予防したりといった効果が期待できますよ。

脳トレに挑戦

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。