2019.11.29    8

ひとり暮らしの認知症の母が準備した朝食が切なすぎた話

 盛岡でひとり暮らしをする認知症の母を、東京から遠距離で介護している作家でブロガーの工藤広伸さん。工藤さんは介護サービスや便利グッズなど、さまざまなことを活用し、遠距離でも介護をスムーズに行う工夫している。そのノウハウは、書籍やブログで紹介され、すぐに役に立つと評判だ。

 しれっと、を信条とし、円滑に介護を続ける工藤さんだが、離れて暮らす母を想う息子心は、複雑なこともあるようで…。

こたつに入る認知症の母

ひとり暮らしの母の見守りカメラに映った切ない映像とは…(写真/工藤氏提供)

 父、母、祖母、わたし、妹の5人一緒に、盛岡の実家で暮らしていた時期がありました。

 子どもたちが家を出て、祖母と父が亡くなった今、2階建ての大きな一軒家には、母がひとりで住んでいます。

息子が盛岡に帰ってきていることを忘れる母

 母は1階の居間で過ごすことが多く、わたしも帰省したときは居間で一緒に過ごします。ただ、本やコラムなどの執筆は集中したいので、2階の自分の部屋で作業しています。

 自分の部屋で2時間ほど執筆し、休憩のために1階の居間へ行くと母が、

母:「あら、あんた。盛岡にいたの」

 お昼ご飯を一緒に食べたばかりでも、2時間も経てば、母はわたしと一緒にいたことを忘れてしまいます。

 こんな調子なので、わたしが2階に居ることを何かで示しておかないと、母はひとりで朝食を作って食べ、わたしが起きた頃には後片付けまで終わっていることすらあります。

母に息子の存在を示す「目印」

 わたしが2階に居ることを母に知らせるために、ある「目印」をつけています。

 夜のうちに台所のテーブルの上に、皿2枚と箸2膳をわたしが並べます。母はいつもひとり分の皿と箸しか用意しないので、いつもと違うことに気づきます。この目印のおかげで、息子が盛岡に居て、明日の朝食は2人分作らないといけないと思うようです。

 目印の効果で、母は朝食をきちんと用意できていたのですが、しばらくすると皿と箸をひとり分片づけ、ひとりで朝食をとるようになりました。

 そこで、今度は、台所にある冷蔵庫のドアにマグネットでくっついているホワイトボードに「ひろ、2階にいます」と書くようにしたところ、ひとりで朝食をとることは、ほとんどなくなりました。

見守りカメラに映った3人分の朝食

 ここまでは母とわたしが一緒に居るときの話でしたが、母がひとりで生活しているときの朝食にも、認知症の症状が出る瞬間があります。

 わたしは東京から盛岡の母の様子を、居間に設置した見守りカメラの映像をわたしのスマートフォンを使って1日3回以上チェックしています。

→安心して介護するために! オススメの最新「見守り」ツール

 母は起きたらすぐに、居間のカーテンを開ける習慣があるので、カーテンが開いていれば、母は今日も元気に生きている証拠になります。

 カメラをチェックしていてよく見かけるのは、母が東京に居るわたしの分まで朝食を作って、待っている姿です。

 その姿を見かけたら、わたしは東京から盛岡の母に電話をして、「今日は東京にいるから、朝食はいらないよ」と言って、わたしの分の朝食を片づけてもらいます。

 せっかく息子のために作った朝食を片づける母の背中をスマートフォン越しに見ていると、「あぁ・・・朝食を食べてあげられなくてごめん!」「盛岡に行けなくてごめん!」そんな気持ちになります。

 最近は毎回電話をせずに、見守りカメラでジッと母の様子を見るようになりました。

 東京のスマートフォンで母を観察し続けた結果、2人分の朝食を作って1時間が経っても誰も居間に現れない場合は、母が自ら異変に気づいて、朝食を片づけることが分かりました。

 ある日のことです。

 朝7時に、東京のスマートフォンから盛岡の母の様子をチェックしたら、いつもと様子が違います。居間にあるコタツの上に、箸がなぜか「3膳」も並んでいます。

 2膳ならいつものことだけど、3膳って何だろう?

 箸を3膳用意した母は、3人分の朝食を作り終え、来るはずのない他の2人を待っているようでした。他の2人とは、わたしとわたしの妹だと思われます。

 この数日前、母は「昨日の夜、娘が家にいたよね」という妄想を、わたしに繰り返し話していたことを思い出しました。理由は分かりませんが、娘は家にいません。

 母の頭の中では、小学校に通う幼いわたしと妹が、2階の子ども部屋から降りてきて、居間で朝食をとっていた遙か昔の記憶と重ね合わせた結果、3人分の朝食を用意してしまったのでしょう。

 その日はデイサービスの日だったので、母は朝食をそのままの状態にして、デイサービスへ行きました。

 デイサービスから帰ってきたら、さすがに朝食は片づけるだろうと思いながら、カメラ越しに母の様子を見ていたのですが、わたしと妹の分の朝食を残したまま夕食を食べ、寝てしまいました。

 翌朝も3人分の箸は並んだままで、新しく目玉焼きを焼き、わたしと妹を待ち続ける母。まさか2日にわたって、来るはずのない子どもたちを待っているとは…。

 さすがにわたしも切なくなり、盛岡に電話をしようと思ったのですが、その日はヘルパーさんが家に来ることになっていたため、電話をせずに見守りカメラで様子を見ていたら、ヘルパーさんが来る直前で、母は残った2人分の朝食を片づけたようでした。

 この日の午後、東京から盛岡に移動したわたしは、着いてすぐに冷蔵庫の中を確認。誰も食べなかった目玉焼きが入っていました。母と一緒に食べようか悩んだのですが、翌朝もまた3人分の朝食を作るかもしれないと思い、母に見つからないよう、目玉焼きをそっと捨てました。

 今日もしれっと、しれっと。

工藤広伸(くどうひろのぶ)

祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母のW遠距離介護。2013年3月に介護退職。同年11月、祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を続ける介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士、なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。ブログ「40歳からの遠距離介護」運営(https://40kaigo.net/

●認知症の母が切り抜いた新聞記事が切なすぎた話

● 認知症の母のラーメン調理に立ち会ってわかった衝撃の作り方【認知症介護の日常】

●認知症の母が発症して7年が経過。変化したこと、変わらぬこと

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  8

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. おばたん より:

    本編に否定的なコメントされてる方、現実わかってます?
    一緒に暮らした方がいいとか、本人の画像を出すのがかわいそうとか、今必要なのは、介護の仕方も人それぞれってことを共有することでは?
    介護サービスは受けられている訳ですし、家族以外でも、事業所が間に入っているかいないかでも全然違いますよね。介護サービスを受けていない、または老老介護の悲惨さなんて、最中は発信されることもなく、ニュースになる時には最悪の結末だったりするわけです。
    私には、こんな形もあるんだなぁと参考になりましたよ。

    7+

  2. つゆちび より:

    お母さんの朝ごはんの事、読んでいて、涙が止まらなくなりました。
    わたしは病院勤務で、入院患者様はほぼ寝たきり状態か、認知症の方で、やっぱり昔の記憶の中で生きている方(女性)が多いです。
    夕方になると、晩ごはんの支度をしようとしたり、子供の帰りを待ちわびてみたり。
    残った食事を、子供の為に取っておいて、隠しておく方もいます。
    それを見付ける度に、胸を締め付けられるように、とてもせつなくなります。
    男性は、やっぱり、仕事に出掛けようとする人が多いです。
    みなさん、それぞれの生活があって、一生懸命生きぬいてきたのです。
    なので、・・・これからも、お母様の様子を、ずっと発信し続けてください。

    6+

  3. ゴモラ より:

    コメントの中に、
    「こんな母を田舎に一人残してひどい」
    「作家ブロガーなら〜同居できませんか」
    「これを介護と言わないでほしい」
    などの言葉がありますが、
    その人にはその人の状況があるのでしょうから、物事の一面だけを見て酷いというのは、あまりにも想像力の欠如に見えますし、東京⇄岩手を往復しながら頑張っている著者に対して、とても心無い言葉に聞こえます。

    「作家ブロガーだと、
    仕事なんてどこでもできるだろ」と思っているのかもしれませんが、この著者の働き方は知りませんが、おそらく在宅で全てを完結させられるわけではなく、仕事の内容によって打ち合わせや取材などがあるのと思われます。
    また、もし家族がいて、奥さんも仕事をされていたり、子供が学校に通っていれば、地方に移り住むというのは簡単な選択ではないでしょう。

    逆に、お母さんを東京に呼び寄せるという方法もあるとは思いますが、まだギリギリ自分の身の回りの事を出来ているお母さんの、最期の自活力を奪ってしまうような気がします。

    私の祖母は、認知症の度合い的に近い状態です。認知症の症状は出始めていますが、まだなんとか一人暮らしができており、私の母が週に何度か通って面倒を見ています。
    祖母が今でもギリギリ一人暮らしできているのは、昔から慣れ親しんだ間取りと家電だからこそで、考えなくてもルーティーンとして、感覚的にこなせているのだと思います。
    そんな祖母のような人たちは、急に住まいや家具家電が変われば、たぶん混乱して今まで出来ていたことが出来なくなり、一気に生活力を失うと思います。身の回りのことを全て人に委ねるようになり、自らの力で出来ることがなくなると、きっと認知症は一気に進行する気がします。
    本人の自活力を奪ってしまいたくないという気持ちは、とても理解できます。

    「一緒に住んであげればいいのに!」
    というのは簡単ですが、
    それぞれの状況と生活があり、
    特にこの人は色々な手筈を整えた上で、年間20回も東京⇄岩手を往復しているとの事ですから、安易に批判だけする人は、思慮が浅い気がしてしまいます。お母さんの状況に1番胸を痛めているのは、著者本人だと思います。

    11+

  4. ふーん… より:

    作家ブロガーが仕事なら田舎に母親を一人暮らしさせてカメラで監視するとかせずに同居できませんか

    自分は東京で介護は他人に任せて
    カメラを3回チェックするとか
    ひどいとしか思えない。

    これを介護と言わないで欲しい

    話し相手いなければ認知症は進む
    おまけに切ない…と言いつつ
    ボケた母親のその写真まで提供して、
    お母さんが可哀想でなりません

    18+

  5. あらいぐま より:

    相原様

    横から失礼します。

    私のモニター環境は次の通りです。

    カメラ・・TS-WLC2 3台
    インターネット回線・・・OCNモバイルONE データー専用SIM
    モバイルWiFi用ルーター ・・・Aterm MR-04NL クレードル付

    初期投資 6万円程度
    月額運用費 968円/月

    画像  :5コマ/1秒 画質:640×480ドット
    暗視機能:あり。
    音声  :モニター先の声は明瞭に聞こえますが、こちらの声は、音割れして使い物になりません。
    録画機能:なし(可能とする方法は、あります)
    信頼性 :カメラは、1台が1年少々で、壊れ取り換えました。あとの2台は、5年たっても大丈夫です。
    電源  :カメラ、ルーターには電源が必要なので、テーブルタップが必要。

    カメラは、AMAZONでネットカメラで検索すれば山ほど出てきます。
    インターネット回線は、光回線。ADSL回線があれば、それに接続すれば、もっと高速にかつ高画質でモニター可能です。
    モバイル回線のばあい、技術的制約から、OCNモバイルONEとAshinetしか使えないようです。

    ルーター、カメラ、場合によってはメーカーのサイトの設定が必要なので、ルーターとかインターネットの仕組みの知識が若干必要。
    設定は、量販店によっては有料でやって貰えるところもあるようです。

    アクセスは、スマートホン、パソコン、タブレットパソコンから可能です。

    モニターしていることに気が付かれると嫌がりますので、カメラをうまく隠すのに大変苦労しました。

    モニター先は、神戸
    モニターは、主に大阪、たまに東京から見ています。

    同じような方が相当おられるようなので、参考になれば幸いです。

    6+

  6. かいじ より:

    こんな母親を田舎に一人残して酷い話にしか思えない
    遠隔介護なんて無理でしょう

    14+

  7. ゆかのぼ より:

    毎日お疲れ様です 読みながら涙がとまりませんでした 私も93歳の母を2年介護してその後97歳の父を実家で介護しています
    母が先にいってしまったのを父はわからず
    お母さん最近いないなあどこにいったのかなあと言います 子供としては親が長生きしてくれるのはうれしいけど本人にとってはとても辛いみたいです。

    4+

  8. 相原和美 より:

    大変参考になる記事ありがとうがざいます。

    つきましては、監視カメラと送受信方法と初期費用や維持費等、これから実践する為の詳細をメーカー他、アドバイス頂ければ幸いです。

    宜しくお願い申し上げます。

    愛知県春日井市

    1+