2018.01.14 |暮らし    7

猫が母になつきません 第79話 「やっちまった」

猫母79_やっちまった

やっちまいました…骨折です。右足かかと骨折、全治6か月。庭仕事はかなりやっていたし、電動のこぎりも使い慣れているし、木の枝くらい切れると思いました。しかし…脚立が倒れてしまったのです(涙)。松葉杖では何もできません。両手が完全にふさがって、あたたかいコーヒー1杯運ぶことすらできないのです。思えば今までいろんな無理を重ねてきました。無理なことしているな、ということには気づいていました。でもまだできると思って、いや、思おうとしていました。起こるべくして起こった事故、という気がします。落ちたのが私だったことは果たして幸いなのか? 母の面倒を見るはずの私が面倒を見られることに…考えられませーん! 万能ロボット、即求む!! しばらくは、骨折で不自由な体になった私がどう母と暮らすのか?という話になりそうです…。

【作者プロフィール】
nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母とくらすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹(わび♀、さび♀)も家族に。

前の話を読む   ▶次の話を読む

【この連載のバックナンバー】
第1話 「しらない」
第2話 「かたづけ」
第3話 「みかく」
第4話 「うめぼし」
第5話 「パソコンその1」
第6話 「パソコンその2」
第7話 「ない!」
第8話 「猫と母」

第9話 「けいたいでんわ」
第10話 「こっせつ その1」
第11話 「こっせつ その2」
第12話 「こっせつ その3」
第13話 「カルシウム」
第14話 「バイリンガル」
第15話 「すれちがい」
第16話 「ひとりじめ」
第17話 「かたおもい」
第18話 「ながでんわ」
第19話 「なぜここに」
第20話 「メメントモリ」
第21話 「きかない」
第22話 「スイートコーン」
第23話 「モシモシ?」
第24話 「いる!」
第25話 「ねがいごと」
第26話 「でまかせ」
第27話 「あかない」
第28話 「けいたいしない」
第29話 「できる」
第30話 「かくしんもてない」
第31話 「かくしんもって」
第32話 「こぐんふんとう」
第33話 「おさつ」
第34話 「しめる」
第35話 「ねむれない夜」
第36話 「怪談」
第37話 「そうじ」
第38話 「タイマー」
第39話 「かぎ」
第40話 「ねこにこばん」
第41話 「なつかない」
第42話 「けさないで」
第43話 「ふとん」
第44話 「さび」
第45話 「じかせい」
第46話 「おなかすいた」
第47話 「茶トラ」
第48話 「かえして」
第49話 「むかで」
第50話 「むかで─猫の場合─」
第51話 「今年もうめぼし」
第52話 「わびのごはん」
第53話 「ほんやく」
第54話 「さびのブラッシング」
第55話 「がいしょく」
第56話 「しょうじ」
第57話 「こけ」
第58話 「だかれる」
第59話 「茶トラ-その後」
第60話 「もちかえる」
第61話 「ひとりあそび」
第62話 「ハマる」
第63話 「ひみつへいき」
第64話 「にそくほこう」
第65話 「おどかしたい」
第66話 「やめない」
第67話 「かいたい」
第68話 「ねむりたい」
第69話 「あまもり」
第70話 「さびのごはん」
第71話 「うちまちがい」
第72話 「おなじです」
第73話 「ひっつき虫」
第74話 「あそんであそんで」
第75話 「ぶっとばす」

第76話 「メリークリスマス」

第77話 「おとしだま」
第78話 「ぶっとばしてみた」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  7

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. ゆすらもも より:

    こんにちは
    最後まで読んで感想を書こうと思っていたのに。
    もう、骨折は完治されたでしょうか?

    ブロワーバキューム私も買いました。吹き飛ばすことの難しさを痛感し、吸い込む専門です。

    植木。母は私に内緒で切り、足場から落ち、歯の部分で肉をそぎ落とすように負傷。救急の病院から、さらに遠方の大きな病院に回される事態に。下手に骨折、切断よりも長期治療が必要になりました。しかも、血まみれの手にタオルを巻き、私に☎(すぐに気づかず)私を待っていました。救急車は申し訳ないと。

    その後、シルバー・親戚・私で植木(管理が必要な所だけ)全部目線の高さで切り揃えました。五十肩で手が上がらなくなってきたのですっきりしました。

    0

  2. nurarin より:

    どうも、作者のnurarinです。
    読者の皆様のあたたかいお見舞いのお言葉、
    ほんとうにありがたく、心にしみております(ノ_・。)

    >>wind.waterさん
    今までがんばって庭を自分で手入れをしてきて、
    道具もいろいろ買ったのですが、
    年々しんどさが増して来て結局ケガ…
    やはり餅は餅屋、ということですね。

    >>ブレンダ☆さん
    西太后のようなお母様とは…
    うちの母はそこから威厳をとった感じでしょうか(笑)。

    >>チビ子さん
    うちの母は植木の手入れなどしたこともないのに
    やたら木を切りたがるので困っています。
    母にまかせていたらうちの庭はとっくに丸坊主です(泣)。

    >>ひつじねこさん
    最初に救急で行った病院は先生も70代の方で、
    患者さんも高齢者の方ばかりだったので
    診断も長めの全治6ヵ月ということでしたが
    現在通院している整形外科では
    全治3ヵ月+リハビリ期間必要、ということで
    思ったより早く治りそうです。
    ご心配いただきありがとうございます。

    >>ムッシュさん
    新しい視点…そう!まさに新しい視点だらけです。
    老老介護の予行演習とでもいいますか…
    不自由になってみて初めてわかることが多すぎます。
    お勉強させていただきます。

    皆様、コメントありがとうございます。
    ひきつづき猫母をよろしくお願いします。

    0

  3. ムッシュ より:

    びっくりです!6カ月の骨折とは。ほんとうに、お大事に。でも、ひょっとしたら、さらに新しい視点が生まれるきっかけになるかも。何事も肯定的にとらえていってください。素敵なクリエイターさんですから。

    0

  4. ひつじねこ より:

    いつも楽しませて頂いております。
    なんと全治6か月とは。かなり酷い骨折だったのですね。
    どうぞ御大事になさって下さい。

    私も母とふたり暮らしです。母は軽く認知症があります。
    長年、自営業で店を手伝っていたのですが、やめた後は認知症が出ましたね。
    漫画を見る限りは、お母様はかなりパワフルなご婦人のようです。
    手を貸して頂くのが、良い結果になるような気がするのですけれど。

    でもどちらにしてもストレスがありそうかもです。
    その発散は猫さん達におまかせで。

    0

  5. チビ子 より:

    お大事に!
    うちの母、元植木やさん勤め。すでに後期高齢者で自信無くなって来ていても昔取ったきねづかでおニューの電ノコを・・・ピカピカ光る歯に危険を感じ止めました。電ノコは、2歳年上の脊椎間狭窄症の伯父に贈呈・・・それも怖いのですが、庭木のある家は雪下ろしの次くらいに負担かもス

    0

  6. ブレンダ☆ より:

    お加減いかがですか?
    骨折、ブログの更新を楽しみにしている一読者として驚きました。
    お大事になさって下さい。
    転んだ際に、電動ノコギリでも怪我をされなくて幸いでした!
    私もパワフルで西太后のような実母と同居しています。
    母は、若い頃はエリザベス1世程度でしたが、年を重ねるうちに西太后に変貌しました。厳密に言えばどちらも同じかもしれませんが、私は家に帰ると疲れます。
    ぬらりんさんもご自愛下さい。

    0

  7. wind.water より:

    「猫が母~」を毎週楽しみにしております。ウチも母(と亡き父)が植え続けた50本以上の庭木の手入れは大変で、私が一昨年病気をしてからは限界を感じ植木屋さんにお願いすることにしました。お怪我が早く治りますようお祈りしています。

    0