2016.07.28 |サービス   

介護はいつから必要?<1>【プロが教える在宅介護のヒント】

介護はいつから必要? サインを見逃さない

 ふとした瞬間、「うちの親も歳をとったなぁ」と感じることがあっても、それが、介護が必要な状態なのかはよく分からない場合が多いだろう。特に本人が「まだ大丈夫」と言えば、なんとなくそのままになってしまいがちだ。

 だが長く健康で、自立した暮らしを維持するためにも、介護保険を利用する適切なタイミングを見逃さず、早い段階で介護の専門職とつながることが大切なようだ。

「プロが教える在宅介護のヒント」シリーズの第1回に登場するのは、家庭で介護サービスを受ける際、最初に相談する人、“介護支援専門員(ケアマネジャー)”。介護保険利用者の相談援助の傍ら、一般と介護専門職向けに介護関連のセミナー企画・運営なども行っている森岡真也さんに、介護保険の利用を検討するタイミングと最初に相談する窓口はどこの誰になるかなど、初めての介護のステップについて聞いた。

 * * *

そろそろ介護!? 7つのチェックポイント

 暮らしの中で困ることが出てきても、高齢者には「人の世話になるのは申し訳ない」「子どもに心配や迷惑をかけたくない」といった気持ちが強く、介護(支援)を拒む人が少なくありません。けれど早い段階で介護(支援)が必要かどうか気づくことができれば、介護サービスを上手に利用しながら、ご本人の希望に叶う自立した暮らしを続けることができます。重症化させない可能性も高くなり、そうなれば家族や社会の負担も軽くなるのです。

 僕ら介護の専門職は、重症化するまでケアマネジメントや介護サービスとつながらなかった人に会い、残念に思うことがあります。もっと早く、適切な介護サービスとつながっていたら、今の状態が違ったのではないかと。

 ぜひ、次の点をチェックして介護が必要なタイミングを見逃さないでください。

 これらのポイントはいずれも症状を起こしている原因の特定が難しい問題で、高齢者の場合は、若い人とは全く違う原因で起きていることもあります。

 それぞれ原因を探して対応を変える必要があり、症状を放置すると悪化するだけでなく、全身の健康に影響し、自立した生活が困難になるきっかけになってしまうことがあります。

 次の7つのポイントをチェックして1つでも当てはまるなら、そろそろ介護が必要かもしれません。

1:食欲がない、急に痩せてきた、食事量が減った 

 さまざまな病気や噛み、飲み込む機能の低下、口腔トラブル、認知機能低下といった原因から「食べられない」という問題が起きている可能性がある。

イラスト:急に痩せてきた

2:自宅の壁に穴が空いている、ガラスが割れている、杖や靴が壊れている

 運動機能の低下や脳の病気などが原因で「転倒」している可能性が高い。ケガや骨折につながるリスクも。


イラスト:運動機能の低下

3:手帳やカレンダーに予定を書き込まなくなった、外出の機会が減った

 認知機能の低下や、何らかの身体的・精神的な不安や困りごとが原因で社会参加が減っている可能性がある。

イラスト:手帳に予定を書き込む

 

4:物をしまう場所(位置)が変わる、探し物が増える

 認知症や意識障害などの可能性がある。体験の一部ではなく体験全体を忘れる、忘れた自覚がない場合も要注意。

イラスト:物を置いた場所がわからず

5:人との約束や日時を忘れる、何度も繰り返して日付を尋ねる

 認知症や意識障害などの可能性がある。日時や季節の見当がつかなくなるほか、場所、人が分からない場合も要注意。

イラスト:人との約束や日時を忘れがち

6:メガネや食器など、手で持つ物、身につける物をよく壊す

 認知症によって物との位置関係がつかめなくなっているか、また別の病気や薬の副作用などが原因で手の震えやしびれ、筋弛緩が起き、ひんぱんに物を落としている可能性がある。

イラスト:割れた茶碗

7:眠れていない、昼夜逆転している(昼間に寝て、夜起きている)

 認知症による時間感覚の喪失や薬の副作用など、さまざまな原因から生活のリズムが破綻している可能性がある。

イラスト:昼夜逆転している

 

次のページでは、介護サービスの利用の仕方を解説!

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。