2018.02.05 |ヘルス    1

【週刊脳トレ】遂行機能と判断力を鍛えて認知症予防「絵でしりとり」

 脳は記憶したり考えたり決断したりと、さまざまな働きをしていますが、年齢とともにその機能は低下することが少なくありません。そこで「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやってみませんか? 脳の活性化を後押ししてくれます。

 * * *

 脳には情報を処理するための神経細胞が存在しています。神経細胞の働きを向上させるには脳に血液を送る必要があります。頭を使うと脳への血流が促されるため、クイズやパズルといった脳トレが効果的なのです。

 今回は「絵でしりとり」。脳の機能では、何かをやり遂げようとするために必要な「遂行機能」と、より良い回答を導くための「判断力」を鍛えてくれます。

 認知症予防やMCI(軽度認知障害)改善のために、脳トレをお役立てください。

脳トレに挑戦する

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  1

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. わさびの里から より:

    脳トレいつも楽しみにしています。直感的にわかる問題や、「ん?」と考えてしまう問題などいろいろありますね!
    制限時間でできるかと焦ると間違うので、気楽にやっています(笑)

    0