2018.03.05 |ヘルス    1

【週刊脳トレ】「3文字拾い」で類推力と辞書的知識をアップさせよう

 物覚えが悪くなった、大事なことをすぐに思い出せない…。そんな風に感じたら「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)に挑戦してみましょう!

 * * *

 脳を働かせると血流がアップし、同時に脳の神経細胞の結びつきが改善されてきます。その結果、記憶や思考の働きが活発になってくるのです。特に難しい問題や計算をしなくても、遊び感覚の脳トレをやっても同じ効果が得られます。大切なのは、習慣づけることです。

 今回は「3文字拾い」。

 脳に取り込んだ色々な情報をもとに、蓄積した知識を動員して答えを導き出す「類推力」と、言葉の記憶に関係する「辞書的知識」を鍛えます。

 脳トレは認知症の予防やMCI(軽度認知障害)を改善したい人にもオススメです。

脳トレへ

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  1

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 東雲 より:

    漢字や図形や計算やバリエーションがいろいろあって、脳トレを楽しみにしています。単純でも奥が深い問題を今後も期待しています。

    0