2020.06.28    2

猫が母になつきません 第207話「うめしごと-その2-」

 

梅仕事をなめていたかもしれません。簡単と思って作り始めた梅シロップ。毎日振った方が発酵しにくいということで、発泡スチロールの箱に入れた大量の梅シロップを毎日2〜3回振っていたのですが、一週間くらいで白い泡が出はじめ、10日目の朝「さあ今日も振るか」と見ると梅の袋たちはパンパンに膨らんで、われもわれもとまるで箱から脱出しようとしているかのような有様に。発酵を止めるには加熱。風味がとばないよう沸騰させずに。お酢を加える。冷蔵庫に入れる。ネットで調べたありとあらゆる発酵止め対策をして全部の処置が終わったころにはもうぐったり。だってフリーザーバッグに8袋、瓶に3個漬けているのです。ずぼらな母がこれまで梅シロップ作りに手を出さなかったのは正解だった…今度は冷蔵庫を侵略した梅たちを見ながらそう思いました。つづく

↓関連のテーマの回です

第4話_うめぼし
第51話_今年もうめぼし
第100話_続・今年もうめぼし
第101話_まだまだうめぼし
第205話_しんりゃくされる
第206話_うめしごと-その1-

前の話を読む ▶次の話を読む

作者プロフィール

nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母とくらすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹(わび♀、さび♀)も家族に。

この連載の一覧へ!

→第1話を読む
→第100話を読む

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  2

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. ひまわり より:

    我が家には、季節毎に親戚宅から色々な農作物が送られて来ます。かなり大量なので(柿がダンボール二箱とか!)、ご近所の介護施設にお譲りしています。とても喜んで下さいますよ。
    “梅仕事”も、リハビリがてら施設でやるには良いかも!お聞きになってみてはいかがでしょう?

    9+

  2. ゆうママ より:

    今回のお話読んで思ったのですが、梅の量ざっと7~8キロはありそうですね。
    だとしたら、ご自宅でなんとかしようとしないで、近くの野菜直売所に相談してみるのもいいかと思います。
    生でも、直売所の方で漬けてくれた状態で販売してくれると思いますよ。
    ご自宅で無理だと思うことは、誰かに頼ってもいいと思います。

    8+