2018.03.16 |   

これが介護食!?パティシエ辻口博啓氏監修のスイーツで幸せおやつ時間

飲み込むことが困難な人も美味しく食べられるケーキ

 おいしいケーキを食べると誰しも幸せな気持ちになることだろう。いくつになっても人々の心をとらえるスイーツ。

 しかし、ふんわりやわらかいケーキでも、トッピングされたフルーツが噛みにくかったり、スポンジ生地がのどに引っかかってむせてしまったりと、介護食としては不向きなものも多く、食べることをあきらめてしまう場合もあるかもしれない。

 そこで、嚥下機能が低下した人でもおいしく食べられるケーキに注目!

 やわらかくてなめらかな食感でむせにくいケーキを開発・販売している「Kamulier(カムリエ)」の新作ケーキなどをご紹介する。

 スポンジにシロップを染み込ませてしっとりとさせ、口の中でスッとほどけてむせないようにしたり、ゼリーなどのどごしのよい素材を使ったりと、“食べやすさ”、“飲み込みやすさ”への配慮や工夫が随所に。

「介護される人も、介護する人も、食べた人みんなが笑顔になれる、そんなケーキを目指しています」と、店長の志水さん。

介護食の料理教室やセミナーを主催している「Kamulier(カムリエ)」店長の志水さん

春の新作は「桜もち風」が登場

「桜のリキュールとあんこを使って、まるで桜餅を食べているかのような香りと食感にこだわりました」(志水さん)

 桜餅のお餅部分は、お湯を注ぐだけでお粥ができる『粥ゼリーの素 宮源のお粥』を使用し、モチっとしながらも、のどごしのよい食感にこだわったそう。

桜餅の香りがリアルに感じる『和スイーツ桜もち風』は、いちごのふんわりムースと桜餅風に仕上げたゼリーと組み合わせ。牛乳寒天で作った白い桜がアクセント。直径約5cm四方の四角いプチケーキは、62kcalと低カロリー。3,4月限定販売

パティシエ・辻口博啓さん監修の絶品の介護食向けケーキも

 人気パティシエ・辻口博啓さん監修の飲み込みやすさに配慮した『まっちゃ×ショコラ』も定番の人気ケーキだ。抹茶ムースと抹茶スポンジ、チョコレートクリームが層になったケーキは見た目もキュート。ほろ苦い抹茶の生地は、しっとりしていてほどよい甘さ。舌で潰せるやわらかさで、口の中にスポンジが残らないほどなめらかなケーキ。

辻口博啓さん監修の「まっちゃ×ショコラ」

辻口博啓さん監修の「EASY SWEETS」は3種あり、それぞれ300円

 嚥下が困難な人だけが特別な物を食べるのではなく、家族みんなが同じケーキを味わえる!介護食は、今、どんどん進化している。介護中だから…と楽しみをあきらめないで。

 なお、「Kamulier(カムリエ)」では、ホールサイズのケーキなども選べ、デリバリーやオンライン販売もしている。特別な日のお祝いに、お花見シーズンの手土産に。春の新作から定番まで、やわらか&なめらかケーキで幸せな時間を過ごしませんか?

【店舗データ】
上記で紹介した商品は、すべてカムリエで取扱い・販売を行なっています。
Kamulier(カムリエ)
住所:東京都文京区本郷3-2-15 新興ビル1F
電話:03-3812-6036
営業時間:11:00~19:00(月~土)
定休日:日・祝
ウェブサイト http://www.kamulier-gc.jp

【関連記事】

●10分でパパッと介護食作り 市販品のアレンジで栄養満点「グラタン」

●誤嚥を防ぐ食べ物の「とろみ」正しいつけ方【介護食の基本】

●【介護食 動画】お好み焼きなど見た目も味も驚きのレシピ3選

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。