2018.04.20 |   

【10分でパパッと介護食】栄養たっぷり「いもだんごのコーンクリーム和え」

 イチからしっかり作ろうとすると、意外と大変な介護食。レトルトや市販品に頼りたいけれど、なんだか味気ない気がして…。

 そこで市販品に少しだけ手を加えて愛情もちょこっとプラス。身近にある食材を使って簡単に味も栄養価も底上げを。そんな時短レシピを、介護食の料理教室やカフェを運営する『Kamulier(カムリエ)』の店長・志水香代さんに教えてもらいました。

 * * *

濃厚なソースとバターのリッチな味わい

 市販のレトルト介護食“コーンクリームシチュー”にじゃがいもをつぶして丸めたおだんごをイン。コーンクリームの濃厚ソースとバターが香るリッチな味わいに。

 今回使用するのは、市販の介護食『ごろっと野菜のコーンクリームシチュー』(明治)。具材は歯ぐきでつぶせるやわらかさの区分2(※1)。
「じゃがいものおだんごを加えてボリュームアップすれば、一品で満足感が得られます。じゃがいもは電子レンジを使って茹でる時間を短縮して」(志水さん、以下同)。

※1 参照記事:【介護食の基本】“区分”って何? 正しい市販品の選び方

材料(1人分) 

じゃがいも(正味) 100g
バター      10g
片栗粉      20g
サラダ油     5g
明治やわらか食 ごろっと野菜 コーンクリームシチュー 1袋(100g)

作り方

【1】じゃがいもは電レンジ(600W)で約3分30秒温める。(指で押してつぶせるくらいまで)
【2】①が熱いうちにバターを入れて潰す。

【3】②に片栗粉を入れて混ぜ合わせる。4等分にして小判型に成形していもだんごを作る。
【4】フライパンにサラダ油をひいて中火にし、③を入れて薄く焼き色がつくまで焼く。

【5】④にコーンクリームシチューを入れ、④に絡ませればできあがり。

【エネルギー】343kcal【たんぱく質】3g【脂質】10.2g【塩分】0.8g
※栄養成分は1人分です。

今回のポイント!

 じゃがいもは、熱いうちに潰すと滑らかな仕上がりになる。さらになめらかな食感にしたい人は、裏ごしして。

 いもだんごは、ごく薄い焼き目がつく程度に。焼き過ぎると硬くなって、口の中でほどけにくくなるので注意。

 和えるときは、火を止めて絡ませる程度でよい。

※掲載した商品は『Kamulier』で販売しています。また、ワークショップや料理教室は、どなたでも参加ができます。参加申し込みは、HP、電話、または直接店舗まで。
詳しくはhttp://www.kamulier.com/shopbrand/ct63/

レシピ提供/『Kamulier』 動画撮影/櫻井健司

【介護食の作り方をわかりやすい動画などでご紹介!このシリーズの他の記事をみる】

●10分でパパッと介護食作り 市販品のアレンジで栄養満点「グラタン」

●鮭の旨味とクリーミーな食感がやみつきに!「サーモンのテリーヌ」

●とろーり黒蜜きな粉を贅沢に!「やわらか信玄餅」

●大根が驚きのやわらかさに変身!「冷たいふろふき大値」

●みんな大好きなソース味!「お好み焼き」

【データ】
Kamulier(カムリエ)
住所:東京都文京区本郷3-2-15 新興ビル1F
電話:03-3812-6036
営業時間:11:00~19:00(月~土)
定休日:日・祝
ウェブサイト:http://www.kamulier-gc.jp

【関連記事】

●『希望のごはん』ができるまで~介護食に新風を吹き込んだ愛のstory<前編>

●【介護食の基本】“区分”って何? 正しい市販品の選び方

●嚥下食つまみにとろみ付きのお酒!スナックで介護って?【潜入ルポ】

 

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。