2018.04.08 |暮らし    1

猫が母になつきません 第91話 「はる」

暖かくなって、家に閉じこもっている時期は終わり。猫たちは外に出たがり、母もお花見などのイベントが目白押し。私はといえば、まだ骨折した足のリハビリ半ばであまり長い時間は歩けないので、出かけるのは病院とスーパーマーケットくらい。骨折している間に春が来て、すっかりおいていかれた気分です。ただでさえ春は新しいスタートの季節。毎年姪っ子たちの進学だとか知人の転勤とか、まわりではいろいろな変化が起きています。猫と母と私で毎日がまわっている小さな世界にいると、窓の外に見える春はいつもきらきらと眩しすぎて、おいていかれてる感は今年に限ったことではないかもしれません。来年は絶対にお花見行こう…!

【作者プロフィール】
nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母とくらすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹(わび♀、さび♀)も家族に。

前の話を読む   ▶次の話を読む

【この連載のバックナンバー】
第1話 「しらない」
第2話 「かたづけ」
第3話 「みかく」
第4話 「うめぼし」
第5話 「パソコンその1」
第6話 「パソコンその2」
第7話 「ない!」
第8話 「猫と母」

第9話 「けいたいでんわ」
第10話 「こっせつ その1」
第11話 「こっせつ その2」
第12話 「こっせつ その3」
第13話 「カルシウム」
第14話 「バイリンガル」
第15話 「すれちがい」
第16話 「ひとりじめ」
第17話 「かたおもい」
第18話 「ながでんわ」
第19話 「なぜここに」
第20話 「メメントモリ」
第21話 「きかない」
第22話 「スイートコーン」
第23話 「モシモシ?」
第24話 「いる!」
第25話 「ねがいごと」
第26話 「でまかせ」
第27話 「あかない」
第28話 「けいたいしない」
第29話 「できる」
第30話 「かくしんもてない」
第31話 「かくしんもって」
第32話 「こぐんふんとう」
第33話 「おさつ」
第34話 「しめる」
第35話 「ねむれない夜」
第36話 「怪談」
第37話 「そうじ」
第38話 「タイマー」
第39話 「かぎ」
第40話 「ねこにこばん」
第41話 「なつかない」
第42話 「けさないで」
第43話 「ふとん」
第44話 「さび」
第45話 「じかせい」
第46話 「おなかすいた」
第47話 「茶トラ」
第48話 「かえして」
第49話 「むかで」
第50話 「むかで─猫の場合─」
第51話 「今年もうめぼし」
第52話 「わびのごはん」
第53話 「ほんやく」
第54話 「さびのブラッシング」
第55話 「がいしょく」
第56話 「しょうじ」
第57話 「こけ」
第58話 「だかれる」
第59話 「茶トラ-その後」
第60話 「もちかえる」
第61話 「ひとりあそび」
第62話 「ハマる」
第63話 「ひみつへいき」
第64話 「にそくほこう」
第65話 「おどかしたい」
第66話 「やめない」
第67話 「かいたい」
第68話 「ねむりたい」
第69話 「あまもり」
第70話 「さびのごはん」
第71話 「うちまちがい」
第72話 「おなじです」
第73話 「ひっつき虫」
第74話 「あそんであそんで」
第75話 「ぶっとばす」

第76話 「メリークリスマス」

第77話 「おとしだま」
第78話 「ぶっとばしてみた」
第79話 「やっちまった」
第80話 「にげられる」
第81話 「むしして」
第82話 「ストレスはっさん」
第83話 「毎日アクロバット」
第84話 「しはんせいき」
第85話 「せいする」
第86話 「やぶる」
第87話 「ひじょうじ」
第88話 「つかえる」
第89話 「あける」
第90話 「立つ」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  1

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. イチロウ より:

    お花見をお家でされればいかがでしょうか。

    サクラは、散るのが早くて花見頃は、短いですし、木に虫がつきますので、余り庭木としては好ましくないので、手間がかからず、また庭が無くても育てられる植木を大鉢に入れておけば玄関先でも花見が可能です。 

    また家の中でもお花見が出来ます。 大鉢を車付きの台車に載せておけば家の中を自由に移動も出来ます。

    矮性のツバキの一種でも、カンツバキと呼ばれるサザンカの一種でも咲けば派手で花見には適しています。 

    ただ、バラは余りお勧めしません。 そもそも手間がかかり過ぎます。 でも、イングリッシュ・ローズと呼ばれる英国で改良された小花のバラは、咲けば香気が漂い何とも言えない気品のあるバラです。 手間を惜しまない方なら絶対にお勧めです。 

    木よりも簡単なのは、球根で育てる花です。 植え込み時期に肥料とともに小鉢に植え込みするだけで、水遣りさえ忘れなければ咲いてくれます。

    ただ、猫には猛毒になる植物に要注意です。 例えば、ユリです。 花でも葉でも猫が食べれば即死しますから。 多くの熱帯性植物も同様です。

    0