2018.04.15 |暮らし    1

猫が母になつきません 第92話 「ちらかす」

家事を終えて部屋に戻ると、いつもはバスケットに入っているおもちゃが散乱していて爪研ぎもあらぬ方向に…。わびは感情表現が激しくてわかりやすいです。怒りを形にしてみたものの、私を見上げるわびの顔は怒っているというよりも心配そう…かわいくて泣けます。かわいすぎるので「私を怒らせたいなら私の物をひっくり返さないと」とアドバイスしています。一方、母は朝片付けた部屋を夜には見る影もなく散らかしているというツワモノ。当然かわいくもないし抱きしめることもしませんが、怒ったり片付けるように言ったりすることもありません。母は散らかっていても平気な人、私は片付けたい人。だから毎日淡々と片付けます。もし母が散らかさなくなったら、元気がないんじゃないかと心配になると思います。…たぶん。

【作者プロフィール】
nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母とくらすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹(わび♀、さび♀)も家族に。

【この連載のバックナンバー】
第1話 「しらない」
第2話 「かたづけ」
第3話 「みかく」
第4話 「うめぼし」
第5話 「パソコンその1」
第6話 「パソコンその2」
第7話 「ない!」
第8話 「猫と母」

第9話 「けいたいでんわ」
第10話 「こっせつ その1」
第11話 「こっせつ その2」
第12話 「こっせつ その3」
第13話 「カルシウム」
第14話 「バイリンガル」
第15話 「すれちがい」
第16話 「ひとりじめ」
第17話 「かたおもい」
第18話 「ながでんわ」
第19話 「なぜここに」
第20話 「メメントモリ」
第21話 「きかない」
第22話 「スイートコーン」
第23話 「モシモシ?」
第24話 「いる!」
第25話 「ねがいごと」
第26話 「でまかせ」
第27話 「あかない」
第28話 「けいたいしない」
第29話 「できる」
第30話 「かくしんもてない」
第31話 「かくしんもって」
第32話 「こぐんふんとう」
第33話 「おさつ」
第34話 「しめる」
第35話 「ねむれない夜」
第36話 「怪談」
第37話 「そうじ」
第38話 「タイマー」
第39話 「かぎ」
第40話 「ねこにこばん」
第41話 「なつかない」
第42話 「けさないで」
第43話 「ふとん」
第44話 「さび」
第45話 「じかせい」
第46話 「おなかすいた」
第47話 「茶トラ」
第48話 「かえして」
第49話 「むかで」
第50話 「むかで─猫の場合─」
第51話 「今年もうめぼし」
第52話 「わびのごはん」
第53話 「ほんやく」
第54話 「さびのブラッシング」
第55話 「がいしょく」
第56話 「しょうじ」
第57話 「こけ」
第58話 「だかれる」
第59話 「茶トラ-その後」
第60話 「もちかえる」
第61話 「ひとりあそび」
第62話 「ハマる」
第63話 「ひみつへいき」
第64話 「にそくほこう」
第65話 「おどかしたい」
第66話 「やめない」
第67話 「かいたい」
第68話 「ねむりたい」
第69話 「あまもり」
第70話 「さびのごはん」
第71話 「うちまちがい」
第72話 「おなじです」
第73話 「ひっつき虫」
第74話 「あそんであそんで」
第75話 「ぶっとばす」

第76話 「メリークリスマス」

第77話 「おとしだま」
第78話 「ぶっとばしてみた」
第79話 「やっちまった」
第80話 「にげられる」
第81話 「むしして」
第82話 「ストレスはっさん」
第83話 「毎日アクロバット」
第84話 「しはんせいき」
第85話 「せいする」
第86話 「やぶる」
第87話 「ひじょうじ」
第88話 「つかえる」
第89話 「あける」
第90話 「立つ」
第91話 「はる」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  1

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. イチロウ より:

    介護する立場の人が片づけられない人ならば、悲劇になります。 我が家の場合には、私が片づけられない人ですので、当時はシェークスピアの悲劇のようでした。

    ああ、このままではごみ屋敷だ、と天を仰いでいました。 一部屋、一部屋、と入れない部屋が出来て行ったのです。

    でも、当時から長男猫は、違いました。 絶対に家の中を散らかさないのでした。 私も見習わないと、と心を改めて家を片づけようとするのでしたが、時間が経過すると雲散霧消するのでした。

    珍しいことに、昨年には、長年の間に開かずの間になって大量の書籍で埋まっていた自分の部屋を片づけて百数十箱の段ボールを処分しましたが、時間が経過すると徐々に元に戻りつつあります。 長男猫と別れた寂しさを紛らわすだけでしたので、徐々に平常心に戻ると、またもや怠けるのでした。 

    それに分離不安の末子猫(雄)が居ますので、家に居る時には何も出来ません。 トイレにまでついて来ますので、イライラします。 ま~、生後一週間で拾い、うんちもしっこも私がさせて育てたので母親と思い込んでいるのでしょうから仕方がありませんが。

    今も、横で寝て寝言を言っています。 かわいい!