2018.05.18 |   

高齢者が手軽に栄養補給できる「おやつ」3選 【介護食】

「噛みにくい、飲み込みにくい…」。嚥下機能が低下すると、食べる量が減ってしまい、低栄養の恐れも。そんなときに役立てたい介護用おやつ。手軽に必要な栄養素やカロリーを摂れるおすすめのおやつを、介護食の料理教室やカフェを運営する『Kamulier(カムリエ)』の店長・志水香代さんに教えてもらいました。

ちょこちょこ飲んでエネルギー補給

 低栄養とは、たんぱく質とカロリー不足によって体の機能が維持できなくなる状態のこと。高齢者が低栄養になると、代謝が下がったり免疫力が落ちたりするなど、介護状態が進んでしまう心配も…。そんなとき、まず積極的に摂りたいのがたんぱく質だという。

「たんぱく質は、筋肉や内臓だけでなく、認知機能など脳にも影響する大事な栄養素。一度にたくさんの量を食べられない人には、ちょこちょこ回数を分けて摂れるパウチスタイルがおすすめです」と、志水さん。

商品公式HP:https://www.meiji.co.jp/meiji-eiyoucare/products/nutritionfood/softjelly/

 明治『メイバランス』(250円)は、1袋125mlで200kcal。ご飯約1杯分のエネルギーを摂れ、たんぱく質は7.5g。ビタミンやミネラル、食物繊維などを含み、必要な栄養素がバランスよく摂れる。程よい酸味とまろやかな味わいのマスカットヨーグルト味のほか、パインやぶどうなど8種のフレーバー。

「ゼリー状なのでかむ力がなくても大丈夫。吸う力が弱い人は、お皿に出してスプーンで食べてもらっても。器に出して潰してなめらかにしたフルーツをトッピングしてもいいですね」(志水さん、以下「」同)

皮膚や粘膜を強化する「亜鉛」を補給

 たんぱく質に加え、摂取しておきたいのが鉄分や亜鉛などのミネラルだ。

「とくに亜鉛は、皮膚や粘膜を強くする栄養素。口の中の粘膜に必要な栄養素である亜鉛が不足すると、味を感じにくくなってしまいます。食べることは生きる原動力。おいしく味わうために、亜鉛は積極的に摂ってほしいですね」

商品公式HP:http://www.nisshin-oillio.com/goods/support/pem/C312.html

 そんな亜鉛を豊富に含むのが日清オイリオ『プロキュア プチプリン』(175円)。40gと食べやすい量なので食が細くなっている人にも無理なく食べきりサイズ。さらに、認知症予防やダイエットにもいいと今注目のMCT(中鎖脂肪酸)を配合。口当たりのよいプリンは、まろやかな甘さのあずき味のほか、キャラメルやバナナ味もラインナップ。

たんぱく質を控えたい人に

 筋力維持や体力の回復に重要なたんぱく質だが、控えたほうがいい場合も。

「腎臓に不安がある人や、糖尿病などの合併症のある人は、たんぱく質を必要以上に摂ると代謝できない場合もあるため、たんぱく質の量に注意が必要です」


商品公式HP:http://www.ai-do.jp/product/bedside-hicalotte.html

 低たんぱくのおやつ、アイドゥ『ハイカロッチ コーヒー風味』5包入り(632円)30包入り(3700円)は、16.5gの少量で100kcalのエネルギーが補給でき、MCT(中鎖脂肪酸)を5gも含む。なめらかな口当たりのペースト状(日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013 コード2-1)で、ほろ苦いコーヒー風味が特徴で飽きがこない。

 冷凍にしてシャーベット状でも美味しく食べられるのでこれからの季節にもってこい。

「介護おやつでエネルギーや栄養素の底上げをして、食事を楽しくとりましょう」

※70才以上の女性に必要な1日の栄養量(まとめ)
・推定エネルギー所要量は1日1500kcal(活動量が低い場合)
・筋肉や臓器などを作るたんぱく質は1日50g
・丈夫な骨を作るビタミンDは1日5.5mg
・皮膚や粘膜を作るミネラル、亜鉛は7mg
・貧血を予防するミネラル、鉄分は6mg

※公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネットより。すべて70代以上女性の場合。
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/koureisha-shokuji/koureisha-sesshu-kijun.html

●上記で紹介した商品は、すべてカムリエで取扱い・販売を行なっています。

Kamulier(カムリエ)』は歯科の医療機器メーカー『ジーシー』がプロデュースしており、東京・御茶ノ水、順天堂大学医学部附属順天堂医院裏手にあります。店舗では、スーパーパティシエとして名高い辻口博啓氏が介護食向けに考案したケーキなどが味わえるカフェとして(ケーキはテイクアウトや地方発送もあり)利用できる他、介護の「口から食べること」に関わる商品の販売があり、管理栄養士や歯科衛生士など常駐する専門家から、アドバイスも受けられます。

【データ】
Kamulier(カムリエ)
住所:東京都文京区本郷3-2-15 新興ビル1F
電話:03-3812-6036
営業時間:11:00~19:00(月~土)
定休日:日・祝
ウェブサイト:http://www.kamulier-gc.jp

●『Kamulier』で開催される料理教室は、どなたでも参加ができます。

 料理教室5月のスケジュールは、5/26(土曜)。「鶏つくねの照り焼き」「冷たいふろふき大根」の献立を予定しています。

 参加申し込みは、HP、電話、または直接店舗まで。
 詳しくはhttps://kamulier.securesite.jp/workshop/index.php

お好み焼き、エビチリ、かに玉などのお馴染みメニューを介護食に!

人気の介護食【動画レシピ】10選 家族みんなで楽しめるメニュー

【関連記事】

●『希望のごはん』ができるまで~介護食に新風を吹き込んだ愛のstory

●10分でパパッと介護食作り 市販品のアレンジで栄養満点「グラタン」

●【介護食の基本】“区分”って何? 正しい市販品の選び方

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。