2018.06.07 |ヘルス   

ぎんさんの娘、99才と94才の姉妹が健康診断 長生きの秘訣とは?

「きんは100シャア、ぎんも100シャア」で知られる、伝説のご長寿双子「きんさんぎんさん」。その妹の方、蟹江ぎんさん(享年108)の娘たちも長生きだ。

ぎんさん娘姉妹の健康診断に密着

 超長寿のDNAは存在するのか。ぎんさんの三女・千多代さん(99才)、五女・美根代さん(94才)に健康診断を受けてもらい、長生きの秘訣を探った。

 この日の診断メニューは、身長・体重・採血・採尿・視力・聴力・レントゲン・骨密度。

【身長・体重測定】

美根代さんの身長は152.4cm。千多代さんは131.5cm

 台に乗るだけで、瞬時に身長と体重がわかる機械に「受ける方も楽やね~」と美根代さん。「背骨(の軟骨)はだいぶ縮んだけど、足は縮まないから足が長く、スタイルようなった」と千多代さん。ちなみに千多代さんが131.5cm、33.5kg、美根代さんは152.4cm、44.1kgだった。

【血液検査】

 健康診断で採血するのは「好きじゃないけど慣れた」と言うふたり。千多代さんは血中脂質も血糖値も貧血項目もすべて異常なし!

 美根代さんはガンマGTPの数値がやや高め。

【視力・聴力検査】

 視力は美根代さんが裸眼で左0.1右0.3。

 千多代さんがめがねをかけて左右とも0.2。聴力も遠くなってきたと言うが、医師や看護師の指示・質問に的確に答えていた。

【先生の問診】

 ふたりの診断結果を見ると、肝機能、血中脂質、糖代謝とほぼすべて80代女性の基準値内に収まっていた。

 ちなみに美根代さんは2年前に大腸がんの手術を受け、現在も通院中で。腰痛に悩まされているとか。すこぶる元気そうに見える。

「体調? ええとこ1つもない。全部悪い」とぼやく千多代さんに、「そりゃ口だけだがな」と医師が突っ込み、「二の句がつげん!」と大笑い。

 

「美根代さんも千多代さんも耳も目も全体的に落ちてきているが、こりゃあ年齢的にしょうがないで。また、ちょっとしたことで骨が折れてしまいやすい状態だから、転ばないように注意してくださいよ。それだけしっかりしゃべれていれば健康な証拠。食べられてるでしょう?じゃあ大丈夫。やっぱり長生きの家系なんでしょうな」(医師)

 美根代さんは腰の痛みと痛み止め薬の服用のしかたについてレクチャーを受ける。和気あいあいとした問診に「ええ先生やった」と美根代さん。

 ふたりは今、娘と孫、さらに玄孫もいるにぎやかな生活を送っている。その笑顔は母・ぎんさんの面影が残っていた。

※女性セブン2018年6月14日号

【関連記事】

●双子は長寿、多産な女性のほうが長生き説 その理由とは?

●合計年齢375才!「快速四兄弟」に学ぶスーパー高齢者への道

●米寿過ぎても現役な人は何を食べてる? 健康長寿の食生活

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。