2018.06.11    1

【週刊脳トレ】似た絵を識別して数を数える「どっちが多い?」

 脳を鍛えたいと思っても、計算や書き取りは面倒…。そんな人は「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやってみては? ゲーム感覚で時間もかからず、楽しく脳を活性化できます。

 脳は使うことで、脳内の神経細胞同士の結びつきが強くなり、情報の行き来に必要な物質の流れが改善されていきます。また脳への血流もアップしてくるのです。

 今回ご紹介するのは「どっちが多い?」という問題。視覚から取り込んだ情報から、必要なものを選別する「識別能力」という機能のトレーニングです。

 脳トレは認知症の予防やMCI(軽度認知障害)の改善にも役立ちます。

脳トレに挑戦

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  1

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 燕のエンドウ より:

    この脳トレは簡単だし緩い絵柄なので、子どもと一緒に楽しむのも良さそうですね。
    年寄りだけでなく家族3代そろって脳が元気になったらいいなと思っています。

    0