2018.07.05   

オバ記者、銀座で出会ったマダムの「トリプル介護ドラマ」に絶句

 女性セブンの名物記者“オバ記者”こと野原広子が、アラカンの現実を気の向くままに告白する。今回のテーマは、4月に免許を取って以来、朝から夜まで頭から離れないという「原チャリ」についてだ。

→関連記事:オバ記者、80才の体と精神を「うらしまたろう」装着で体験!

原チャリとオバ記者の画像。偶然出会った人に聞いた介護ドラマとは?

オバ記者が出会った、偶然出会ったマダム風の人から聞いた介護ドラマとは?

 * * *
 よく晴れた5月末、銀座のデパートでのこと。1階の帽子売り場を通り抜けようとしたら、まっ赤なつば広帽を、小粋にかぶった白髪の女性と目が合った。

「まあ、お似合い!」

 吸い寄せられるように近づくと、「ほんと? わあ、うれしい」と少女のような笑顔を返してきたのが78才のIさん。見るからにどこぞの有閑マダムか、ご大家のご隠居さんか。

 そんな想像をしていたけど、人ってわかんないね。話を聞いてこんな人生があるのかと絶句したわよ―─

自宅介護、3人のシモの世話

「夫が47才のとき、くも膜下出血で突然倒れたの。一命はとりとめたものの、重度の麻痺が残って寝たきりに。そうしたら翌月に義父が脳梗塞で、その直後に、今度は気丈な義母が心筋梗塞で倒れちゃって…。

 3人とも体に障害は残ったものの、意識はハッキリ。基本は自宅介護で、最期は3人のシモの世話をしましたよ」

 総勢8人の大家族に嫁いだ苦労、嫁姑のいざこざ。そして28年に及ぶトリプル介護。その中でとくに印象に残ったのは、死の半年前に義父が見せた“男気エピソード”だ。

「義母が、『財産はきょうだい、みんなで分けたらいいわ』と言ったら、義父が『それはダメだッ』と血相を変えたんです。気の強い義母から茶碗を投げつけられても、黙っているような人が大きな声を出したから、みんなビックリ」

 義父の言い分は、『家のために働いて、体が不自由になった長男に相続させる』というごくシンプルなもの。

 これには義母もぐうの音も出ない。そのことを夫に言うと、「おやじ、一生に一度の勝負に出たな」と、男泣きをしたそう。

家のために働いた夫と私に財産を残すことを考えてくれた義父

「今にして思えばね」

 Iさんは言う。

「お義父さんは私と夫に相続させることを、ずっと考えていたんだと思う。それから、残された私が、住む家に困るようなことがないように」

 そう言うと、Iさんは、スマホを器用に扱って、私にスナップ写真を見せてくれた。

 赤、黄色、ショッキングピンク。どの写真もIさんは鮮やかな色の服を着て、センターでポーズを取っている。

「まさかこうなるとは自分でも思わなかった(笑い)。結婚以来、『目立つな、長男の嫁らしいかっこうをしろ』と言われ続け、夫が生きていた4年前までは地味な服ばかり。

 無意識に自分を自分で抑えつけていたんだと思う。それが今は友達から“原色の人”と言われている。

 40才の娘が、『ママ、年取ってはじけちゃったね』と、からかうんだけどね。こうして自分を解放することができたのは、みんなすべてあのときの義父のひと言のおかげよ。そういえば、もうすぐ父の日ね。今の私を見せにお墓参りに行こうかな」

高齢になって開いた扉の向こうにあるもの

 こんな話を聞くと、年を取るのも悪くないなと思うんだわ。

 実は私もはじけちゃっていることがある。4月に原チャリの免許を取りに行った試験会場で、バイクの講習を受けたら、すっかりドツボ。朝から寝るまでバイクのことが頭から離れないのよ。

 で、とうとう先日、ネットオークションで3万3000円で中古のバイクを手に入れ、熊谷から東京まで73kmの道を走って帰ってきたの。

 意外だったのは、原チャリの燃費の良さよ。ガソリン代の全国平均が1リットル152円を記録した今、164円で73km走れるなんて、あり得ないわ。

 そんなわけで、最近、都心はどこへ行くのもバイクよ。“バイク=危ない乗り物”と思い込んで、ママチャリ専門だった私がエンジンの音に心をときめかせている。

 60才過ぎて開いた扉は、Iさんの言葉を借りれば、「まさかこうなるとは思わなかった」から、面白いんだね。

→関連記事:70才からが楽しい!老いる極意「ひとり旅、趣味は20個」

※女性セブン2018年6月28日号

【関連記事】

●【シニアの旅行】オススメの旅、注意点など専門家がアドバイス

●電動アシスト自転車「軽い、乗りやすい、パワーある」が新潮流

●肩甲骨・腰回り・股関節… 毎日3分で体を柔らかくするストレッチ

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。