2018.07.05    1

「ブルセラ症」って?獣医師も感染した動物由来の病気を解説

 今年3月、千葉県に住む50代の男性獣医師が、ブルセラ症に感染したとの発表があった。

ペットと寝ていると、寝ている間に顔や口をなめられる可能性があり、感染の危険性が高まる(写真/Getty Images)

 ブルセラ症とは、ブルセラ属の細菌に感染している動物の汚物や死体に触れると感染する“動物由来感染症”の1つだ。人に感染すると、発熱や頭痛などの症状を起こし、重症化すれば脳炎、髄膜炎、骨髄炎などを引き起こす。

動物自身に症状がなくて、人に感染する場合もある

「動物自身に症状が出ていなくても、人に感染する病原体を持っていることは多々あります。動物に触れたら必ず手洗いを心掛けて」

 と言うのは、白金高輪動物病院・中央アニマルクリニック顧問の佐藤貴紀さんだ。さらに、動物の糞尿や嘔吐物にも、直接触れてはいけないと指摘する。

「糞尿や嘔吐物にも感染物が存在する場合があります。処理をする際は、ゴム手袋などを使うこと」(佐藤さん)

 オウム病のように、乾燥した糞尿を吸い込むことで感染するものもあるため、糞尿はなるべく早く処理することも大切だ。

キタキツネの糞や、それに汚染された水を飲むことで感染するエキノコックス症。重症化すると、肝臓切除に及ぶことも(写真/Getty Images)

感染ルートは「直接伝播」と「間接伝播」

 動物由来感染症の感染ルートは、感染源である動物から直接人間にうつる“直接伝播”と、感染源の動物と人間との間になんらかの媒介物が存在する“間接伝播”に分けられる。

 直接伝播は、キス、かまれる、ひっかかれるなどの直接的な接触のほか、前述のように空中を浮遊している菌を吸い込むことで発症する場合もある。また、動物のせきやくしゃみを直接受けると、それも感染ルートになる。

 一方の間接伝播は、デング熱のように、蚊などを介して感染するものや、レプトスピラ症のように、感染した犬やネズミの尿に汚染された水を飲むことで感染するケースもある。

野良猫、野生動物と接触した時は体調の変化に気をつけて

 動物由来感染症に感染しても、風邪やインフルエンザに似た症状が出る場合が多く、感染の発見が遅れることもある。

 前出の50代獣医師も、最初は発熱を訴えて病院を受診している。抗菌薬などをのんで一旦回復したが、その後両手のしびれや足のふらつきなどの症状が出たため入院。血液検査の結果、ブルセラ症に感染していたことが判明した。

 このケースでは、重症化したので動物由来感染症に感染していたことがわかったが、軽い症状で終わったり、無症状の場合もあるので、飼い主が知らないうちに感染していたというケースも少なくない。

 野良猫など、野生の動物と接触した場合は、その後の体調の変化に敏感になった方がいい。特に、子供や高齢者は発病すると重症化しやすいので、異変を感じたらすぐ医療機関へ。その際、動物との接触について医師に伝えた方が、その後の診断もスムーズだ。

※女性セブン2018年7月5日号

【関連記事】

●「高齢者がペットを飼う」利点、やるべきこと、課題とは

●人間もペットも高齢化が進む日本 共倒れなど諸問題が続々発生

●認知症予防も期待できるペットとの暮らし シニア世代が準備すべきこと

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  1

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. コンコン より:

     動物やペットってかわいくてつい無防備に近づきたくなってしまいますけど、注意が必要なんですね。
    「かわいい」だけでなく、きちんと知識を身につけて予防しつつ、安心して動物やペットと触れ合えたらいいなと思いました。

    7+