2018.08.24 |    1

たんぱく質豊富でなめらかな食感!「枝豆豆腐」【介護食】動画レシピ

レシピ提供/『Kamulier』 動画撮影/櫻井健司

ふんわり枝豆が香るなめらか豆腐

 舌でつぶせるやわらかさで、口の中でほろりと崩れて飲み込みやすい――。嚥下機能が低下してきた人でも食べられて、目にもおいしい。そんな新たな介護食を提案する『Kamulier(カムリエ)』では、管理栄養士が提案する料理教室や、ワークショップを毎月開催しています。

 その料理教室などで紹介されているメニューを教えてもらいました。今回は、『枝豆豆腐』。たんぱく質豊富な枝豆をなめらか食感に仕上げます

 * * *

材料(2人分)

■枝豆豆腐
枝豆(さや付) 70g
白だし 8g
水 150g
酒 2.5g
粉寒天 0.7g
片栗粉 5g

■あん
白だし 5g
水 70g
しょうゆ 2g
みりん 2g
片栗粉 3g
水 10g

作り方

【1】 枝豆は茹でて、さやと薄皮をむく。
【2】容器に①と白だし、水、酒を入れて、ハンディータイプのミキサーでなめらかにする。
【3】鍋に②をザルで濾して入れ、粉寒天、片栗粉を入れ、火にかけてよく混ぜる。
【4】容器に入れて冷蔵庫で冷やし固める。
【5】白だし、水、しょうゆ、みりんを鍋に入れて火にかけ、水溶き片栗粉でとろみをつける。

仕上げ

 冷やし固めた枝豆豆腐にあんをかける。

ポイント

 枝豆を撹拌したら、ザルで濾すことでよりなめらかな食感に。

【エネルギー】80kcal 【たんぱく質】5.0g 【脂質】2.7g 【塩分】0.8g

*栄養成分は1人分です。

→【介護食の作り方をわかりやすい動画でご紹介!この連載のバックナンバーをみる】

●『Kamulier』で開催される料理教室は、どなたでも参加ができます。

 料理教室のスケジュールは、8/25(土)で介護食の基本野菜編が学べます。9/6(木)9/22(土)は秋の和菓子が学べます。他にも、セミナーやイベントが多数開催されます。

 参加申し込みは、HP、電話、または直接店舗まで。
 詳しくはhttp://www.kamulier.com/shopbrand/ct63/

Kamulier(カムリエ)』は歯科の医療機器メーカー『ジーシー』がプロデュースしており、東京・御茶ノ水、順天堂大学医学部附属順天堂医院裏手にあります。店舗では、スーパーパティシエとして名高い辻口博啓氏が介護食向けに考案したケーキなどが味わえるカフェとして(ケーキはテイクアウトや地方発送もあり)利用できる他、介護の「口から食べること」に関わる商品の販売があり、管理栄養士や歯科衛生士など常駐する専門家から、アドバイスも受けられます。

【データ】
Kamulier(カムリエ)
住所:東京都文京区本郷3-2-15 新興ビル1F
電話:03-3812-6036
営業時間:11:00~19:00(月~土)
定休日:日・祝
ウェブサイト:http://www.kamulier-gc.jp

【関連記事】

●誤嚥を防ぐ食べ物の「とろみ」正しいつけ方【介護食の基本】

●10分でパパッと介護食作り 市販品のアレンジで栄養満点「グラタン」

●【介護食の基本】“区分”って何? 正しい市販品の選び方

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  1

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. クロマメ より:

    動画で作り方が見られるととても分かりやすいですね!!

    0