2018.07.22 |暮らし    5

猫が母になつきません 第106話 「あっというま」

トマトって意外とたくさん食べられないんです。母が毎年トマトを植えるのですがいつも食べきれなくてオリーブオイル漬けにしたり、ドライトマトにしたり、ケチャップを作ったことも。しかしどれも飽きてしまって消費しきれませんでした。でも砂糖漬けにしてみたら夏の冷たいおやつにちょうどよくて母もよく食べ、夏の定番になりました。プチトマトを冷凍した後に皮をむいて保存容器に入れ、グラニュー糖をかけて冷蔵庫に寝かせるだけでほぼ完成です。行程は簡単ですがうちのトマトは市販のプチトマトの三分の二ほどの大きさ、大量の皮むきはほぼ修行です。母は何も言いませんが、あっというまに食べてしまうので美味しいのだろうと、今日も汗をかきながらかなりプチなトマトの皮をむいています。

→この連載の一覧へ!

【作者プロフィール】
nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母とくらすため地元に帰る。典型的な介護離職。モノが堆積していた家を片付けたら居心地がよくなったせいかノラが縁の下で子どもを産んで置いていってしまい、猫二匹(わび♀、さび♀)も家族に。

前の話を読む   ▶次の話を読む

【この連載のバックナンバー】
第1話 「しらない」
第2話 「かたづけ」
第3話 「みかく」
第4話 「うめぼし」
第5話 「パソコンその1」
第6話 「パソコンその2」
第7話 「ない!」
第8話 「猫と母」

第9話 「けいたいでんわ」
第10話 「こっせつ その1」
第11話 「こっせつ その2」
第12話 「こっせつ その3」
第13話 「カルシウム」
第14話 「バイリンガル」
第15話 「すれちがい」
第16話 「ひとりじめ」
第17話 「かたおもい」
第18話 「ながでんわ」
第19話 「なぜここに」
第20話 「メメントモリ」
第21話 「きかない」
第22話 「スイートコーン」
第23話 「モシモシ?」
第24話 「いる!」
第25話 「ねがいごと」
第26話 「でまかせ」
第27話 「あかない」
第28話 「けいたいしない」
第29話 「できる」
第30話 「かくしんもてない」
第31話 「かくしんもって」
第32話 「こぐんふんとう」
第33話 「おさつ」
第34話 「しめる」
第35話 「ねむれない夜」
第36話 「怪談」
第37話 「そうじ」
第38話 「タイマー」
第39話 「かぎ」
第40話 「ねこにこばん」
第41話 「なつかない」
第42話 「けさないで」
第43話 「ふとん」
第44話 「さび」
第45話 「じかせい」
第46話 「おなかすいた」
第47話 「茶トラ」
第48話 「かえして」
第49話 「むかで」
第50話 「むかで─猫の場合─」
第51話 「今年もうめぼし」
第52話 「わびのごはん」
第53話 「ほんやく」
第54話 「さびのブラッシング」
第55話 「がいしょく」
第56話 「しょうじ」
第57話 「こけ」
第58話 「だかれる」
第59話 「茶トラ-その後」
第60話 「もちかえる」
第61話 「ひとりあそび」
第62話 「ハマる」
第63話 「ひみつへいき」
第64話 「にそくほこう」
第65話 「おどかしたい」
第66話 「やめない」
第67話 「かいたい」
第68話 「ねむりたい」
第69話 「あまもり」
第70話 「さびのごはん」
第71話 「うちまちがい」
第72話 「おなじです」
第73話 「ひっつき虫」
第74話 「あそんであそんで」
第75話 「ぶっとばす」

第76話 「メリークリスマス」

第77話 「おとしだま」
第78話 「ぶっとばしてみた」
第79話 「やっちまった」
第80話 「にげられる」
第81話 「むしして」
第82話 「ストレスはっさん」
第83話 「毎日アクロバット」
第84話 「しはんせいき」
第85話 「せいする」
第86話 「やぶる」
第87話 「ひじょうじ」
第88話 「つかえる」
第89話 「あける」
第90話 「立つ」
第91話 「はる」
第92話 「ちらかす」
第93話 「グルーミング」
第94話 「とまる」
第95話 「るーてぃーん」
第96話 「つかまえる」
第97話 「季節のめぐみ」
第98話 「しゃしん」
第99話 「ゆめ」
第100話 「続・今年もうめぼし」
第101話 「まだまだうめぼし」
第102話 「ゆずれない」
第103話 「ストップ再利用」
第104話「きづかれる」
第105話「いま?」

コメントが付けられるようになりました▼

この記事が役に立ったらシェアしよう

  •  5

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. atsu より:

    昨日見つけて1話から空いた時間で読んでいたのですが、面白くて全部読んでしまいました!うちの猫たちも色々な顔を見せてくれますが、ただの日常になってしまっているので、そういう家族に対してnurarinさんの感じたことの表現力がすごいなーと思いました!また続き楽しみにしてます!

    2+

  2. 「猫母」好き より:

    大好きでいつも楽しみにしてます。
    癒されるんですよ。

    目が縦の棒なのに、色んな表情に見えるから不思議。
    表現力の豊かさに脱帽です。

    8+

  3. さにゃお より:

    たまたま見付けて、一気にすべて見させていただきました。私の実家では猫が二匹居て、その猫の面倒をみてきた母が四年前にくも膜下出血と脳梗塞で障害者になってしまい、私は30代後半から母の介護をしています。週に一度、介護の手伝いに実家へ行くのですが、私自身仕事もしているし婚約者とも生活しているので時々いっぱいいっぱいになることもあるのですが…こちらの記事を読んで、介護の日は母と二人でのんびりする日として楽しもうと思えました。そして可愛い二匹の猫達も母の代わりに守っていこうと思えました。
    これからも覗かせて頂きますので、頑張ってください!

    2+

  4. nurarin より:

    プチトマトの砂糖漬けですが、ちょっとだけコツがあります。
    1.冷凍したプチトマトは水にはなさず一個ずつ水につけて皮を押し破るような感じにするとつるっとむけます。長く水につけると柔らかくなりすぎて実がくずれてしまいます。硬いうちにむいてください。
    2.甘さはお好みがあると思いますが、甘くしたい場合は最初に砂糖をかけたあとしばらく置くと水がでるのでそれを捨ててもう一度砂糖をかけて冷蔵庫で寝かせます。このときに白ワインも入れると甘いぶどうのような贅沢なお味になります。

    酸味がたりない時はレモンをいれても美味しいですし
    半解凍の状態もしゃりしゃりして美味しいです。
    noriさん、ぜひ試してみてくださいね。

    2+

  5. nori より:

    nurarinさんの話をいつも楽しみにしてます。
    プチトマトの新しい食べ方を知りましたので、早速試してみようと思います。
    ところで、nurarinさんの話は、毎回、何故かクスっと笑える、それでいてチョッピリだけ
    毒があるんだけど、裏腹に母や猫達への愛情を感じるんですよ。ほのぼのとした
    感じがたまらなく好きです。

    4+