記事にコメントが付けられるようになりました!

みんなで考える、家族のこと、自分のこと

  • Facebook フェイスブック
  • twitter ツイッター
  • Instagram インスタグラム
  • Youtube

記事一覧

1101件(1-15件)

介護ポストセブンの全記事をご紹介しております。介護に関する住まい、食、マネー、サービス、ヘルスなどの役に立つ情報を日々更新しています。

2018.08.15ヘルス

正しい目のケアで【老眼】対策!スマホ・PCをよ…

「視力に関係なく、44才6か月になったら老眼対策が必要といわれていますが、スマホやパソコンをよく使うなら、30代半ばから対策をしたほうが目の負担を減らせます」と、梶田眼科院長の梶田雅義…

2018.08.15暮らし

家事の手抜きワザ、便利グッズなど「主婦のアイ…

 普通に生活するだけでも疲れるのに、この暑さ…。少しでもラクをできないものかと、『女性セブン』読者から家事の手抜きワザを集めました。  ほんのちょっとしたことなのに、”それ”をするだ…

2018.08.14

50代、60代からの食事のルール 年代に合った食…

 40代以降、女性は太り方、体力、体調がどんどん変わっていく。年代によって、摂るべき食品も、目指すべき体形も違ってくる。そこで、50代と60代、それぞれに合わせた食事術を、再生医療やア…

2018.08.14ヘルス

理想の睡眠時間は?日本人は寝不足、肥満や生活…

 日本人は万年睡眠不足の傾向が強いというのをご存じだろうか。経済協力開発機構(OECD)が世界29か国を調査した結果、日本人の1日の平均睡眠時間は、最下位の韓国に次いで下から2番目。最も…

2018.08.13ヘルス

【ガムを噛む】認知症、脳梗塞予防…その驚きの効果

 日本の認知症高齢者数は、2025年に700万人に達すると厚生労働省は推計している。昔に比べて平均寿命が延び、認知症患者が増加している今、歯が20本以上ある人と、それ以下の人では、前者の方…

2018.08.13ヘルス

【週刊脳トレ】漢字の知識を活用して推理する「3…

 昔はスラスラと言葉が出てきたのに、年を取るとパッと出てこない…。脳の老化を感じたら「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)はいかが? 専門医監修のクイ…

2018.08.12暮らし

「親の不便」帰省時が確認のチャンス!介護に備…

 いつか、始まるかもしれない「介護」。気になる人は多いだろ。帰省などで久しぶりに会う親は、元気に見えても、電球交換ができない、腰痛で庭の草取りができないなど、不便を感じていること…

2018.08.12暮らし

猫が母になつきません 第109話 「つかない」

テレビが壊れました。修理ができるか調べましたが、よくある「新しいのを買った方が安い」っていうやつ。テレビがつかないのはリモコンのせいじゃないと説明しても母は納得せず、何度も新しい…

2018.08.11

賢いおやつ、食べるならどっち?間食は不足しが…

 40代以降、女性は太り方、体力、体調がどんどん変わっていく。年齢によって、摂るべき食品も、目指すべき体形も違ってくる。  間食=(イコール)悪いものと思われがちだけど、食事だけでは…

2018.08.11暮らし

入居者1.5人:介護スタッフ1 人 手厚い対応で地…

看護師が24時間常駐  施設開設から25年経つ「マザアス南柏」。開設から一貫して入居者一人ひとりと向き合う介護を実践してきた。それが表れているのが、入居者とスタッフの構成比が1.5:1以上…

2018.08.10暮らし

85才、一人暮らし。ああ、快適なり【第25回 ト…

 85才の矢崎泰久さんは、キラ星のように輝く”時の人”をスタッフ、執筆陣に迎え、伝説の雑誌となった『話の特集』の編集長を長年務め、テレビや舞台などでも敏腕プロデューサーとして活躍した…

2018.08.10

誤嚥しにくい“かき氷”で夏を楽しむ おいしい介…

 夏の暑い日、かき氷でひんやり涼をとりたい――。介護食のデザートといえば、ゼリーやムース状のものを思い浮かべるが、かき氷も介護食流にアレンジできます。  今回は、誤嚥しにくい“かき氷”…

2018.08.09ヘルス

「年だから…」と放置しているその症状、もしかし…

 65才を超えてから、以前よりも疲れやすくなった。ちょっと動くと動悸がする。普通に動いていて「休憩したいな」と思うことが増えてきた――。  こうした症状は、単なる「年のせい」ではなく、…

2018.08.09暮らし

【俳句】楽しみ方、作るコツ、「人生を変えた一…

 人気テレビ番組『プレバト!!』(TBS系)などの影響もあって、近年、俳句がグッと身近になっている。  そこで、高浜虚子を祖父に持つ俳人の稲畑汀子さん(87才)に、俳句の楽しみ方、作るコ…

2018.08.09ヘルス

「人工股関節手術」はするべきか?経験者が語る…

 演歌歌手・天童よしみの母・筆子さんが、庭仕事中に転倒して腰を強打。両脚に人工股関節を埋め込む緊急手術を受けた。 「人工関節手術」は年間10万人が受けている  筆子さんが受けた「人工…