記事にコメントが付けられるようになりました!

みんなで考える、家族のこと、自分のこと

  • Facebook フェイスブック
  • twitter ツイッター
  • Instagram インスタグラム
  • Youtube

記事一覧

1441件(1-15件)

介護ポストセブンの全記事をご紹介しております。介護に関する住まい、食、マネー、サービス、ヘルスなどの役に立つ情報を日々更新しています。

2019.02.24暮らし

猫が母になつきません 第137話 「すいてた」

うちでは食事時間はみんなばらばら。母も私も猫も好きな時間にごはんを食べます。同居し始めた頃は無理して一緒に食事していましたが、ごはんを食べたい時間帯があまりに違いストレスなのでや…

胃がんのイメージ図

2019.02.23ヘルス

進行早い胃がん「低分化型腺がん」も腹腔鏡によ…

 胃がんは減少傾向にあるとはいうものの、依然として死亡率は高く、男女合わせて年間約5万人が命を落としている。40歳代から発症が増え、50〜60歳代に一度、ピークを迎える。  胃がんは低分…

介護付き有料老人ホームの施設長の男性

2019.02.23暮らし

お祭りでは神酒所に!地域に開かれた運営を実践…

杜の癒しハウスひらい  JR総武線平井駅から徒歩3分の恵まれた場所にある「杜の癒しハウスひらい」。2分ほど歩くとお惣菜や飲食店などが立ち並ぶ平井親和商店街があり、親しみある下町の雰囲気…

2019.02.22暮らし

声がけは2ステップで!親子で考える高齢ドライバ…

 ブレーキとアクセルの踏み間違いや高速道路の逆走。高齢者の交通事故のニュースを見て、親の顔が浮かび、他人事ではないと思った人も多いのではないだろうか。  2月14日に発表された警察庁…

2019.02.22暮らし

よりよい介護施設を見つけるために家族がやるべ…

 介護が必要な親の施設入居を検討するとき、どうやって探せばいいかわからない…。そんな人は多いはず。  現在は実家に住む認知症の母を東京から遠距離で介護中、祖母、父の介護経験もある介…

高齢の父親と息子がお互いに手を取り合い笑顔で話している

2019.02.21暮らし

親のトリセツ【心理編】親が怒らない“話し合い方…

 誰しも、「自分がボケた後、死んだ後」のことなんて考えたくない。介護や相続、親のこれからのお金について、相談を持ちかけ、賛同を得る上では、得する制度や手続きを熟知することに加え、…

2019.02.21暮らし

「拘束されて居室に放置」記者が体験レポ【身体…

 医療の現場や介護施設で、行われることがある「身体拘束」。そういった拘束を実際”されて”みて初めてわかることがあるかもしれないと、記者が介護現場のスタッフにお願いして、身体拘束の何…

2019.02.20

主菜メニューも増えてきたペースト食!上手に使…

 加齢によって食が細くなったり、飲み込む力や噛む力が弱くなってくると、食べられるものの種類が少なくなってくる。その結果、栄養が偏ったり、栄養素が不足し、健康状態が悪くなってしまう…

2019.02.20マネー

【介護の備え】親が遠くに住む場合 家族は「任…

 老親が認知症に…。そうならないで欲しいと願っても、現実は甘くはない。老親が自ら判断する能力を失ってしまったときの”備え”は必要だ。  親が遠くに住んでいたら?入院した場合は?親のお…

肺がんになっている人体のイメージ

2019.02.19ヘルス

肺がんステージⅢの治療に新薬登場 「20年ぶりに…

 肺がんは自覚症状が少ないまま進行し、転移もしやすいため、手術が難しい進行がんで見つかることが多い。Ⅲ期の非小細胞(ひしょうさいぼう)肺がん(腺がん、扁平上皮<へんぺいじょうひ>が…

2019.02.19マネー

老人ホーム入居は「月額利用料を払う人」「入居…

 親が実家を処分して老人ホームに入ることを決めた場合、決めておきたいのは、家族のうちで誰がどう入居費用を負担するかだ。  一般的に老人ホームの支払い方法は「入居一時金+月払い」と「…

2019.02.19マネー

「成年後見」と「家族信託」の違い 図表でわか…

 いつまでも親に元気でいてほしい―子供がそう願うのは自然なことだが、現実は決して甘くない。「認知症700万人時代」が到来するといわれるなか、老親が自ら判断する能力を失ってしまったとき…

2019.02.18ヘルス

【唾液】のすごい力を解明!健康成分、減ると高…

 唾液には、健康を保つためのさまざまな役割があることがわかっている。唾液に含まれる、健康成分や唾液が減るとリスクの高まる病気を紹介、唾液の知られざる力を解明する。 →唾液が少なくな…

2019.02.18ヘルス

【週刊脳トレ】「線たどり」で空間認識と注意力…

 なんとなくぼんやりすることが多くなったと感じたら『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)はいかがでしょう? ゲーム感覚ですが、脳をしっかり鍛え直して…