記事にコメントが付けられるようになりました!

みんなで考える、家族のこと、自分のこと

  • Facebook フェイスブック
  • twitter ツイッター
  • Instagram インスタグラム
  • Youtube

記事一覧

1737件(1636-1650件)

介護ポストセブンの全記事をご紹介しております。介護に関する住まい、食、マネー、サービス、ヘルスなどの役に立つ情報を日々更新しています。

2016.09.14ヘルス

正しい持ち方を伝授! 安全に歩くためのステッ…

 ステッキを使うとき、安全性の面でもきれいな姿勢を保つためにも「正しく持つ」ことが重要と知っていた? “おしゃれのためのステッキ”を提案するメーカー「Gaaru(ガアル)」は、2016年9月19…

2016.09.13

新田恵利さんプロデュース。シニア向けの漆器の…

 介護用の食器は、白いプラスチック製の食器がほとんど。そんな従来品とは異なり、色も素材も大人なデザインのシニア向け食器が登場。  創業122年の老舗フォーマルウェアメーカーの「カイン…

2016.09.12ヘルス

死んだはずの神経細胞が再生? 夢の認知症の新…

 高齢化が進む日本社会。そして2025年には高齢者の5人に1人が認知症を患うともいわれており、今後認知症治療がより一層重要視されることは間違いない。  そんななか、最近発表されたある論文…

2016.09.12ヘルス

【週刊脳トレ】遂行機能と注意力のアップを! …

 今まで普通にできたことがうまくいかない、人の名前が出てこない、なんとなくぼんやりしてしまう…そんなことが増えたら、『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監…

2016.09.11暮らし

猫が母になつきません 第9話 「けいたいでんわ」

母が「携帯電話はほとんど使わないから」と言うので普通の通話契約をしていたのですが、請求額が1万円を越えることしばしば…。履歴を見ると長電話をしていることは明白なのですが、本人は「そ…

2016.09.10ヘルス

予防も可能!? 認知症ワクチンが5年以内に活用さ…

 現在、日本国内の認知症患者は全国に500万人と推定されている。高齢化とともにその数は増え続け、2025年には高齢者の5人に1人にあたる700万人に到達し、認知症予備軍を合わせると1000万人を…

2016.09.10暮らし

セコムグループが手がける「安心」がテーマの介…

アライブ品川大井  前回は「アライブ品川大井」のホーム長である里見総一郎さんに入居者やその家族に安心を提供するための理念や工夫を聞いた。今回の後編では安心をさらに進化させるための取…

2016.09.09

高栄養飲料「メディミル」プチ ロイシン プラス…

 病院、調剤薬局や介護施設などの医療系ルートで販売されている「メディミル」プチ ロイシン プラス(味の素株式会社)。好評につき8月22日(月)からドラッグストアやスーパーマーケットなどの…

2016.09.09マネー

いくらかかる?認知症母の遠距離介護1か月の費用…

 東京―岩手と遠距離で、認知症の母の介護している工藤広伸さん。家族の目線で”気づいた””学んだ”数々の介護心得をブログや書籍などで公開し話題となっている。シリーズ第4回では、工藤家の介…

2016.09.08サービス

介護ロボットで高齢者の集中力や積極性UPも NTT…

 近年、介護職員の人手不足の問題が深刻化する中、ロボットによる介護が注目を集めている。そんな中、NTT東日本は、ロボットを活用して介護におけるコミュニケーションをサポートするクラウド…

2016.09.08サービス

プロが教える在宅介護のヒント 在宅医・鈴木央…

自宅や施設で診てもらう「在宅医療」って?  超高齢化社会となって、高齢者を対象とした医療は変わりつつあるという。厚生労働省は「できる限り住み慣れた地域で必要な医療・介護サービスを受…

2016.09.07サービス

「認知症リスクが約半減」と話題の『ブレインHQ…

 2005年に発売されたニンテンドーDSソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」は大ヒット。2006年には「脳トレ」という言葉がユーキャン新語・流行語大賞のトップ10入りし、いまや、コンピュ…

2016.09.06サービス

ショート、デイ、訪問サービスを1カ所で! パナ…

 デイサービスは近所のA施設、週末や夏休みなどショートステイはひと駅離れたB施設、自宅でお風呂だけ入れてほしいときは訪問入浴に対応するC施設…。ケアマネジャーのプランに、いくつもの施…

2016.09.05ヘルス

スポーツの遊戯性、競争性で心が動くことが認知…

 誰しも、なりたくて認知症になるわけではありません。でも、自分、あるいは親がその当事者になる可能性はある。その可能性を回避するために、今からできることは? さまざまな方法を、識者…

2016.09.05ヘルス

【週刊脳トレ】ワーキングメモリと空間認識機能U…

 うっかりミスが増えたり、予定を忘れてしまったり、以前より注意が散漫になったり…そんな心あたりがある人は、『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやっ…