記事にコメントが付けられるようになりました!

みんなで考える、家族のこと、自分のこと

  • Facebook フェイスブック
  • twitter ツイッター
  • Instagram インスタグラム
  • Youtube

ヘルスの記事

574件(1-15件)

認知症や脳溢血、リハビリテーションなど、高齢者の病気と健康にまつわる記事が公開順に並びます。

二重にした輪ゴムを耳にかけようとしている

2019.08.17ヘルス

耳に輪ゴムをかけるだけ健康法で不調に克つ|肩…

 輪ゴムを巻くだけの『輪ゴム健康法』が「簡単なのに効果的!」と話題になっている。そこで、耳に輪ゴムを巻くだけで全身の不調が改善できるという健康法を紹介します。  輪ゴム2本を耳に巻…

輪ゴムを両手の指で大きく広げている

2019.08.15ヘルス

手足輪ゴム健康法|輪ゴムを“はめるだけ”!関節…

 手軽ですぐに効果を実感できると話題の『輪ゴム健康法』。輪ゴムを腕や足にはめるだけで関節痛を改善できるという。症状別のはめ方も紹介するので、ぜひ試してみてほしい。テクニック不要で…

2019.08.13ヘルス

筋肉は裏切らない!高齢者に筋力アップをもたら…

「筋肉は裏切らない!」のキメゼリフで大ブレイクしたNHK「みんなで筋肉体操」。この番組で体操指導を担当する近畿大学 生物理工学部准教授の谷本道哉さんがデイサービス施設で『シニア向け“筋…

2019.08.12ヘルス

名倉潤さんを襲った手術後の「うつ」は高齢者も…

 お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤さんが、うつ病により2か月間休養すると発表した。2018年6月に頸椎椎間板ヘルニアの手術を受け10日間休養。その後は復帰し、テレビに出演するなど活動…

2019.07.31ヘルス

ヨーグルト、納豆などが腸内を悪化させる「SIBO…

 今年3月にビオフェルミン製薬が公表した、全国男女1000人を対象にした「おなかケア」のアンケート結果によると、便秘症状がある女性のほぼ半数にあたる44・3%が、「オナラが頻繁に出る/臭…

2019.07.29ヘルス

オナラの臭い、音、回数…|オナラの真実、理想の…

 人前でオナラが出そうな時、がまんするのがマナーではある。しかし、ため込み続けたそのガスは、口臭や体臭、肌荒れの原因となり、最悪の場合、がんをも招く恐れがある。 「臭う」か「無臭」…

2019.07.29ヘルス

まとめて脳トレ|「間違い探し」「サイコロ裏目…

 毎週月曜に好評連載中の「週刊脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)。以前出題したものの中から、3つを選んでみました。  考えたり覚えたりといった作業を…

2019.07.23ヘルス

女性の痛風、閉経後は要注意!尿路結石や高血圧…

“痛風”とは、足や指の関節が突然腫れ上がり、文字通り、風に当たっただけでも激痛が走る恐ろしい病だ。ビールや肉、魚介類などプリン体を多く含む食事ばかり摂り続けると、尿酸値が上がって発…

水を飲む高齢者

2019.07.18ヘルス

梅雨バテからの暑さに要注意!医師が教える高齢…

 ジメジメとして気温の変化も激しい梅雨。そして年々猛威を振るう酷暑。高齢者にとっても辛いこれからの季節。健康を保つためにポイントとなることを内科医の橋本将吉先生に聞いてみた。  橋…

2019.07.15ヘルス

高齢者の多剤服用に厚労省が警鐘!弊害と減薬方法

 厚生労働省は、19年6月中旬、医療機関などに向け、高齢者への不要な薬の処方を減らす必要性や、その具体的なプロセスを説くガイドライン「高齢者の医薬品適正使用の指針」を公表した。  “と…

2019.07.12ヘルス

白内障とは?|美智子さまも受けられた|症状・…

 6月に白内障手術を受けられた上皇后美智子さま。白内障はかつては「老化現象だから」と諦める人がほとんどだったが、ここ30年ほどで治療技術が飛躍的に進歩したという。現在、国内だけで年間…

2019.07.08ヘルス

週刊脳トレ|道順を探しながらやる気までアップ…

 年を取ると記憶力だけでなく、集中力や気力まで低下してくる人がいます。そこで「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやってみましょう。脳の色々な機能…

ゆびに輪ゴムを巻き付けている図

2019.07.06ヘルス

輪ゴム健康法|1回1分手にかけるだけ!腰痛、肩…

 足裏のみならず、実は手のひらや指にも、内臓や骨格に対応する経絡(全身をめぐる気血水の通り道のこと)やツボが集まっている。そしてその経絡やツボを一定の圧で刺激するには、身の回りに…

2019.07.02ヘルス

動脈硬化や高血圧の中高年に起きやすい「網膜静…

 目の網膜には動脈と静脈が走っており、一部交差して重なっている部分がある。全身の動脈硬化や高血圧により、目の動脈が硬くなると静脈が圧迫され、血液がうっ滞する。これが網膜静脈閉塞症…

2019.07.02ヘルス

親の認知症 初期症状に気づくポイントと病院に…

 もしも親が認知症になったら――考えただけでも胸が締めつけられる事態は、決して他人事ではない。今、大きな社会問題になりつつある介護離職。40~50代になれば、親の認知症に直面する人が出…

最新記事

2019.08.21暮らし

薄毛に克つ|食事、睡眠、運動、ホームケア…医師が教える…

2019.08.20マネー

介護お金|知らないと損をする「役所でもらえるお金」年…

2019.08.19暮らし

認知症かもしれない85才の母を元気にした黄色いセーター …

輪ゴムを両手の指で大きく広げている

2019.08.15ヘルス

手足輪ゴム健康法|輪ゴムを“はめるだけ”!関節痛を改善

2019.08.14

がんに克つ!ハーバード大学式ファイトケミカルスープの…

2019.08.13ヘルス

筋肉は裏切らない!高齢者に筋力アップをもたらした「“筋…

2019.08.12暮らし

お盆に知っておきたいアチラの話|あなたの知らない死後…

2019.08.12ヘルス

名倉潤さんを襲った手術後の「うつ」は高齢者も要注意!…

2019.08.11暮らし

超ムズ「脳活クイズ」で脳を活性化!認知症予防にも◎

2019.08.10暮らし

移動困難者の送迎支援の輪を広げるために|東北・石巻の…

最新記事をさらに見る