記事にコメントが付けられるようになりました!

みんなで考える、家族のこと、自分のこと

  • Facebook フェイスブック
  • twitter ツイッター
  • Instagram インスタグラム
  • Youtube

ヘルスの記事

574件(541-555件)

認知症や脳溢血、リハビリテーションなど、高齢者の病気と健康にまつわる記事が公開順に並びます。

2016.09.21ヘルス

膝への負担を軽減。シニア女性向けのデイリーシ…

   老舗シューズメーカー「ムーンスター」は、アクティブシニアのミセス向けブランド「ムーンスター イブ(R)」に新作の「ひざエール」シリーズを追加。2016年9月上旬から全国の靴専門店や量…

2016.09.19ヘルス

膝の痛みが楽になる! 70歳でもできる開脚まで…

年だからってあきらめないで。72才でも進化中  4週間でベターッと体が床につく開脚ができるストレッチを考案したEikoさん。70歳から始めて膝の痛みが楽になったというひとも。そんな今注目の…

2016.09.19ヘルス

【週刊脳トレ】視覚や空間を認知する機能と注意…

 ボケたくない、何歳になっても人と楽しく会話を楽しみたい…そのためには脳を鍛えておくことがとても肝心! 認知症が心配な人もそうでない人も『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック…

2016.09.14ヘルス

正しい持ち方を伝授! 安全に歩くためのステッ…

 ステッキを使うとき、安全性の面でもきれいな姿勢を保つためにも「正しく持つ」ことが重要と知っていた? “おしゃれのためのステッキ”を提案するメーカー「Gaaru(ガアル)」は、2016年9月19…

2016.09.12ヘルス

死んだはずの神経細胞が再生? 夢の認知症の新…

 高齢化が進む日本社会。そして2025年には高齢者の5人に1人が認知症を患うともいわれており、今後認知症治療がより一層重要視されることは間違いない。  そんななか、最近発表されたある論文…

2016.09.12ヘルス

【週刊脳トレ】遂行機能と注意力のアップを! …

 今まで普通にできたことがうまくいかない、人の名前が出てこない、なんとなくぼんやりしてしまう…そんなことが増えたら、『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監…

2016.09.10ヘルス

予防も可能!? 認知症ワクチンが5年以内に活用さ…

 現在、日本国内の認知症患者は全国に500万人と推定されている。高齢化とともにその数は増え続け、2025年には高齢者の5人に1人にあたる700万人に到達し、認知症予備軍を合わせると1000万人を…

2016.09.05ヘルス

スポーツの遊戯性、競争性で心が動くことが認知…

 誰しも、なりたくて認知症になるわけではありません。でも、自分、あるいは親がその当事者になる可能性はある。その可能性を回避するために、今からできることは? さまざまな方法を、識者…

2016.09.05ヘルス

【週刊脳トレ】ワーキングメモリと空間認識機能U…

 うっかりミスが増えたり、予定を忘れてしまったり、以前より注意が散漫になったり…そんな心あたりがある人は、『脳トレ』(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやっ…

2016.09.04ヘルス

話題の脳トレ スピードトレーニング「ブレインH…

 今年7月に開催された国際アルツハイマー病会議で、コンピューターによる脳トレ「スピードトレーニング」の利用によって認知症リスクが低下すると発表され、話題になっている。  この脳トレ…

2016.09.01ヘルス

「脳トレで認知症のリスクが約半分に」カナダの…

 コンピューターを使った脳トレで、10年後までの認知症発症リスクが48%も下がる可能性がある―─。こんな気になる研究結果が、カナダ・トロントで開催された国際アルツハイマー病会議(AAIC)…

2016.09.01ヘルス

認知症と似てる老人性うつ 見つけ方と対処法

 うつ病は、子どもから高齢者まで幅広い年代にみられる病気だが、実は老年期の発症は他の年代よりも確率が高い。厚生労働省の2014年の患者調査によれば、65歳以上の高齢者でうつ病で入院した…

2016.08.31ヘルス

電子技術で介護を救え! 徘徊検知システム開発…

 2014年10月時点ですでに要介護認定者数は600万人を超えている(厚生労働省調べ)。介護施設の不足などが問題になる中、いわゆる介護難民者数は年々増加の一途をたどっている。これを打開すべ…

マウスケア用品

2016.08.30ヘルス

誤嚥性肺炎の原因は口腔機能の衰え!? 命を繋ぐ…

 在宅介護の場合、体の清潔には気を使うものの、口の中のケアはつい後回しになりがちだ。本来は「食事」「排泄」「体の清潔」と同じくらい重要で欠かせないケアであると、歯科衛生士であり、…

2016.08.29ヘルス

脳に効果的な運動は「低強度の運動を頻回に」と…

 誰しも、なりたくて認知症になるわけではありません。でも、自分、あるいは親がその当事者になる可能性はある。その可能性を回避するために、今からできることは? さまざまな方法を、識者…

最新記事

輪ゴムを両手の指で大きく広げている

2019.08.15ヘルス

手足輪ゴム健康法|輪ゴムを“はめるだけ”!関節痛を改善

2019.08.14

がんに克つ!ハーバード大学式ファイトケミカルスープの…

2019.08.13ヘルス

筋肉は裏切らない!高齢者に筋力アップをもたらした「“筋…

2019.08.12暮らし

お盆に知っておきたいアチラの話|あなたの知らない死後…

2019.08.12ヘルス

名倉潤さんを襲った手術後の「うつ」は高齢者も要注意!…

2019.08.11暮らし

超ムズ「脳活クイズ」で脳を活性化!認知症予防にも◎

2019.08.10暮らし

移動困難者の送迎支援の輪を広げるために|東北・石巻の…

旅行介助士のシンポジウムの参加者

2019.08.07サービス

要介護者の「旅行に行きたい!」を叶える旅行介助士資格…

2019.08.05暮らし

身近な野菜の天然毒素に注意!じゃがいも、トマト、ズッ…

2019.08.04

野菜の栄養失わない調理法|長寿ホルモンを増やす皮のむ…

最新記事をさらに見る