記事にコメントが付けられるようになりました!

みんなで考える、家族のこと、自分のこと

  • Facebook フェイスブック
  • twitter ツイッター
  • Instagram インスタグラム
  • Youtube

認知症を恐れない!最新予防法、ケア、ニュースが満載

認知症のすべて~最新予防法からニュー…

2025年には700万人を超えると言われている認知症。もはや他人事ではありません。親が、妻が、夫が、そして自分も、認知症にならなないためにはどうすればいいか、最新の予防法から、認知症の家族に役立つケアまで情報満載。

2018.09.10ヘルス

日本人は女性の方が早くボケる 東大医学部衝撃の…

 そういえば有名人夫婦を見ていても、南田洋子さんや朝丘雪路さん、大山のぶ代さんなど、「夫が認知症の妻を介護する」というケースが多い印象なのは、偶然ではなかったようだ。衝撃の最新研…

2018.08.18暮らし

ボケないのはどっち?Q&A。認知症の母と10年間過…

 日本には1000万人近くの認知症患者と予備軍がいて、その数は今後確実に増える、と予想されています。20年ほど前まで、認知症の原因や対策に関する研究は手探り状態でしたが、昨今ようやく、…

2018.06.04ヘルス

今から、誰でもできる認知症対策「熱闘!“糖脂塩”…

 認知症のおよそ7割を占めるアルツハイマー病の原因は、いまだ解明されていない。しかし、「アミロイドβ」というたんぱく質が脳に蓄積することがその要因の1つになっているということは判明し…

2018.05.29ヘルス

認知症リスク軽減に「インターバル速歩」「会話し…

 年を重ねると、“もの忘れ”が増えるもの。そこで心配になるのが認知症だろう。くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋院長が言う。 「もの忘れが多くなってきたと思ったら、もの忘れ外来…

2018.03.29ヘルス

MCI(軽度認知障害)の改善に「ビフィズス菌AI」が…

 7年後の2025年、65才以上の高齢者の約5人に1人は認知症を患っていると予測されている(厚生労働省)。そして、同省は内閣府や他省庁と共に「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさし…

2018.03.16ヘルス

老人性難聴は認知症発症の危険も!脳の認知機能を…

「テレビの音量、上げすぎ!」と、家族に注意されることはないだろうか? これ、耳が老化しているサインだ。  人間は加齢によって耳の機能が低下し、特に高音域が聞き取りにくくなる。 「こ…

2017.11.28ヘルス

【認知症予防】同窓会は「回想法」と同じ効果が期…

 近年、徐々に人気が高まっている同窓会。特に70才で同窓会に参加する人の割合は、下の年代に比べてかなり高い。  実は、この同窓会は、認知症を遠ざけるのだという。 同窓会は「社会脳」を…

2017.09.21

認知症予防の食べ方って?納豆は夕食で、コーヒー…

 運動をしたり、食事に気をつけて早いうちから予防したい認知症。脳の若さを保つには、どんなものを食べ、どんな食べ方をしたらいいのだろうか? 具体的な食べ物でみてみよう。  認知症の予…

2017.09.05ヘルス

MCI(軽度認知障害)とは?発見方法と予防策を識者…

 年をとるにつれて物忘れも増え、「いつか私も認知症になるのでは」と不安を覚える人は多い。だが、最新の研究では、「認知症は予防できる」ことが明らかになってきた。  全国に約500万人い…

2017.08.29ヘルス

認知症になったら…正しい知識と準備を識者が解説(…

 厚生労働省によると、2025年に65才以上の高齢者の5人に1人が認知症になるという。親や夫のことを心配しがちだが、あなた自身が認知症になることも充分にあり得るのだ。誰にどんな介護をして…

最新記事

2018.09.22暮らし

介護業界に新風を!若い力を活かした運営が魅力のサ高住

2018.09.16

健康に良い、摂るべき油【オメガ9】と【オメガ3】の使い…

2018.09.10ヘルス

日本人は女性の方が早くボケる 東大医学部衝撃の最新研…

2018.09.08ヘルス

30秒見るだけで「肩こり」「腰痛」がとれるすごい写真

最新記事をさらに見る